写真提供:マイナビニュース

写真拡大

東京急行電鉄、東急不動産と多摩美術大学による二子玉川地域連携アートプロジェクト実行委員会は、10月7日〜14日にアートイベント「タマリバーズ2013」を開催する。

○美術大学のある街・二子玉川ならではの取り組み

「タマリバーズ」は、2011年の二子玉川ライズ・ショッピングセンター開業に伴い、同ショッピングセンターが多摩美術大学映像演劇学科と共同で制作したイベントシリーズ「タマリバーズ(Tama Rivers)」の流れをくむイベント。その後、二子玉川ライズで取り組んでいるタウンマネージメントの一環として発展し、今回で3回目の開催となる。

期間中は、多摩美術大学造形学科の絵画展「タマニハカイガ」を開催。10月12日〜14日には、同学造形学科、映像演劇学科による映像展「たまたまえいが」を行う。

10月12日〜14日は、同学映像演劇学科が広場演劇「ただいまのおかえり〜二子玉川超遊園地時代〜」vol.2を開催。地域の商店主を始め、地域住民と一体となって作品制作を進めていく。なお、プレイベント「紙芝居・まちのきおく」を8月31日、9月28日に実施する。

会場は、二子玉ライズ・オフィス 1Fロビー、その他。時間は10時〜19時。イベント時間等の詳細は、「タマリバーズ2013」で公開している。

(フォルサ)