写真提供:マイナビニュース

写真拡大

埼玉県秩父市の秩父神社では、劇場版「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」(通称「あの花」)の全国公開に先駆け、8月24日に「あの花夏祭 in ちちぶ」を開催する。

○キャストトークショーやあの花屋台村も

同イベントが行われる秩父神社は作品中にも登場しており、関東屈指の古社のひとつ。毎年12月3日に行われる例祭は、「秩父夜祭」として国の重要無形民俗文化財に指定され、京都の祇園祭、飛騨高山祭とともに日本三大曳山祭のひとつに数えられている。境内で映画の試写会が行われるが、これは史上初の試みで、秩父市の全面協力を得て実施が決定したという。

イベントでは、「劇場版 あの花」の上映のほかに、声優の茅野愛衣(本間芽衣子役)、早見沙織(鶴見知利子役)、近藤孝行(久川鉄道役)によるキャストトークショーや、主題歌を歌うGalileo Galileiのライブも開催。その他、スタンプラリー、あの花屋台村、巨大蒸しパンタワー作成なども実施する。

開催時間は12時〜21時。会場は秩父神社及びその周辺。劇場版「あの花」は8月31日より、新宿バルト9他にて全国ロードショーとなる。

(C)ANOHANA PROJECT

(フォルサ)