劇場版きゃりーぱみゅぱみゅ 全国7都市で同時生中継

写真拡大

 きゃりーぱみゅぱみゅが8月8日、初のワールドツアーに完全密着したライヴ&ドキュメンタリームービー「劇場版きゃりーぱみゅぱみゅ」のワールドプレミアイベントに出席した。約5万人の応募者から選ばれた750組1,500人が全国8都市の劇場に来場し、東京会場のきゃりーと共に一夜限りの特別鑑賞を楽しんだ。

劇場版きゃりーぱみゅぱみゅ同時生中継の画像を拡大

 きゃりーぱみゅぱみゅの素顔に迫った「劇場版きゃりーぱみゅぱみゅ」は、東京と愛知、大阪、北海道、宮城、神奈川、広島、福岡の8ヶ所で生中継。東京会場のTOHOシネマズ六本木には、海外ツアーの成功にちなんで「円とドルとユーロのお金柄でデザインされたワンピース」を身に付けてきゃりー本人が登場し、「ずーっとカメラに密着されていたので、本当に素の私が映っていると思う」と自身も初めて観るという映像の仕上がりに期待を寄せた。同作にはきゃりーをはじめ舞台のアートディレクションを手がける増田セバスチャンや振り付け担当のコレオグラファーまいこ、スタイリストの飯嶋久美子ら関係者も多数登場。約100分にわたりワールドツアーの舞台裏が紹介された他、イベントの最後には来年1月18日と19日に初のアリーナ公演を開催することが発表された。

 きゃりーぱみゅぱみゅは、6月に発売された2ndアルバム「なんだこれくしょん」が自身初となるオリコンウィークリーチャート1位を獲得し、40万枚を売り上げている。今年2月9日のベルギー公演からスタートしたワールドツアー「100%KPP WORLD TOUR 2013」はヨーロッパとアメリカ、アジア、そして日本の世界13都市、全19公演を行って2万8,000人を動員。これを記念してワールドプレミアの開催が決定し、同日の8月8日にはツアーの全貌を収録したきゃりーぱみゅぱみゅ初の写真集の販売もスタートしている。