写真提供:マイナビニュース

写真拡大

クーラーがガンガンに効いている室内から、太陽が照りつける屋外に出たり、はたまた突然の雷雨にあってしまったりと、夏は天気の影響を受けやすく、体調維持は難しいもの。そこで、夏の体調管理に役立つ、郷土で食べられている元気が出る食べ物について調べてみました。

■見た目も食感も涼しげなご当地メニュー

夏の食べ物と聞いて新潟県出身の知人が真っ先に教えてくれたのが「えご練り」。海藻のえご草に水、酢を混ぜて煮詰め、冷やしたものにおろし醤油や、好みで辛子味噌などをつけて食べられているものです。この「えご練り」は、「いご練り」とも呼ばれ、新潟県のほか長野県などでも食べられています。食べやすいように細かく切ってあり、ひんやりした食感が楽しめるそうで、食欲が落ちているときのほか、お盆など冠婚葬祭のときなどにも出されるそうです。また、同地方では、元気がでる料理として「おからの酢の物」もあるとか。低カロリーで良質なたんぱく質が含まれる大豆が使用された「おから」と、疲労回復に効く「酢」という二大要素が活かされた料理は、さりげなく栄養を補う一品として出されているようです。

九州地方の宮崎県をはじめ、埼玉県などでもお馴染みの郷土料理、「冷や汁」も夏に好んで食べられる健康食として人気です。鰺などの焼き魚のほぐした身と、煎った胡麻、味噌などをあわせて香ばしく焼き、出汁をかけ伸ばした汁を冷やし、温かいご飯にぶっかけて食べるというもので、中に入る魚や具材は、それぞれの家庭により異なっているようです。味噌を焼くところがポイントで、焼くことにより味噌の生臭さを押さえ、他の食材と調和をはかるそう。ただの冷えた味噌汁ではない秘密が、ここにあるようです。

■孫にも食べさせたい「まご茶漬け」

全国の漁師に愛されているのが「まご汁」「まご茶漬け」と言われるメニュー。そもそもは、漁師が船上でとれたての魚をさばき、ご飯の上にのせ、熱いお茶をかけて食べたというまかない料理だったそう。名前の由来は、あまりにも美味しくて「孫にも食べさせてやりたいから」という説や、「まごまごせずに急かされた食べた」という説などがあるようです。

また、漁師料理として、千葉県の南房総には「なめろう」という郷土料理があります。「なめろう」もいろいろな食べ方があるのですが、夏の時期は三杯酢をかけあわせ、冷蔵庫で冷やしたものを食べることで食欲増進につながるとか。いずれにしても、さしみに味噌やネギ、ミョウガ、大葉など好みの薬味を入れて粘りがでるまでたたくという調理方法で、これを焼いたものは「さんが焼き」として親しまれています。

体調管理がうまくできずに食欲が落ちてしまうと、どうして冷たい飲み物などを多く摂ってしまいがちですが、昔ながらの料理には、栄養がありながらサラっと食べられるメニューがたくさんあります。先人の知恵を拝借しながら、元気に夏を過ごしたいですね!

文●青山みなみ(エフスタイル)