写真提供:マイナビニュース

写真拡大

世界最大の旅行口コミサイト「TripAdvisor(トリップアドバイザー」はこのほど、「行ってよかった海外観光スポット2013」を発表した。

今回のランキングは、2012年7月から2013年6月の1年間に同サイトに投稿された、海外観光スポットに対する日本語の口コミを対象に、5段階評価の満足度および口コミの投稿数などを元に集計したもの。

○1位はカンボジアの世界遺産「アンコールワット遺跡群」に

1位に選ばれたのは、カンボジアにある「アンコールワット遺跡群」(アンコールトム、タ・プローム、バイヨン寺院などを含む)。口コミには「来たばっかりで、もうまた来たいと思える!」「朝、昼、夕方の楽しみ方のある世界遺産」「アジアの誇り」など、絶賛のコメントが並んだ。

2位にはボリビアの「ウユニ塩湖」がランクイン。「想像以上の絶景」「一生に一度は見ておきたい景色です」といったコメントが寄せられた。

3位に選ばれたペルーの「マチュ・ピチュ」には、「長年の夢がやっとかないました」「まさに異次元の世界」「期待を裏切らない」など、苦労して訪れた旅行者の意見が集まった。

○50のスポットのうち、31か所が世界遺産に登録

以下、4位「ルーブル美術館」(フランス)、5位「最後の晩餐」(イタリア)、6位「ローテンブルク旧市街」(ドイツ)、7位「オルセー美術館」(フランス)、8位「ガルニエ宮 - パリ国立オペラ」(フランス)、9位「アヤソフィア博物館(大聖堂)」(トルコ)、10位「アルハンブラ宮殿」(スペイン)と続く。   

ランキング全体の傾向としては、昨年に引き続き、50のスポットのうちヨーロッパの観光スポットが32か所と過半数を占め、アジアからは4か所のランクインにとどまる結果となった。国別ではアメリカが最多の11か所(ハワイ2か所を含む)、次いでスペインが6か所、イタリア、トルコ、スペインが5か所と続いた。また、31か所が世界遺産に登録されているスポットとなった。

その他、ランキングの詳細は同サイト特設ページにて確認できる。

(エボル)