写真提供:マイナビニュース

写真拡大

アパレル雑貨などを販売するlibは、このほど、サッカー日本代表の本田圭佑をイメージキャラクターにしたアンダーウェアブランド「Be Top(ビトップ)」の展開を開始させた。11月から、全国のアパレルセレクトショップや百貨店などので発売を目指すという。

○「頂点を目指し、トップを獲る」を表現したウェア

ブランド名の「Be top」は、日本の高い技術力と卓越したデザインの融合によって「頂点を目指し、トップを獲る」という意気込みがこめられている。その志に賛同した、世界の舞台で戦うアスリート・本田圭佑が今回、イメージキャラクターに起用されたというわけだ。

○「頂点」にふさわしい、2万円のアンダーウェア

販売する商材はアンダーウェアやTシャツなどで、「Special Line」(2万円〜)「 Middle Line」(4,000円〜)「Casual Line」(2,500円〜)と、異なる価格帯をラインアップ。「Special Line」は2万円からとなっており、まさに「頂点」にふさわしい逸品となっている。