プチプチで家を作るワークショップをファイナルホームが開催

写真拡大

 「FINAL HOME(ファイナルホーム)」が、8月15日に「プチプチ・タングル」というパズル・パーツを利用したワークショップを東京ミッドタウンで開催する。モノを衝撃から守るための空気緩衝材であるプチプチで、自分の好きな家を作ろうという企画。申し込みは不要で、誰でも参加可能だ。

ファイナルホームがワークショップ開催の画像を拡大

 ワークショップ「プチプチ・タングルであそぼう!」は、「つながる・かざる・まもる」をテーマにファッションデザイナー津村耕佑がディレクション。日常でのサバイバルを衣服で提案する「FINAL HOME」による「パズルを組み合わせることで目的に応じて自由に変形する空間が出来るのではないか」というアイデアから、1度使用すると捨てられてしまうことが多いプチプチをパズルのパーツにデザインしたパズル・パーツを通じて、造形力やコミュニケーション力を育む場が提供される。また、会場のアトリウムにはダクロンの中わたで出来たリラックススペースも登場する予定で、津村耕佑は「今も少しずつ形態を変えたパズルの実験を進行しています。このパズルがワークショップの場面から日常に浸透するように努力したいと思います」とコメントしている。

■プチプチ・タングルであそぼう!
 期間:2013年8月15日(木)※入退場自由
 時間:11:00〜19:00
 場所:東京ミッドタウン アトリウム
 料金:無料
 http://www.finalhome.com/