北欧発の低価格雑貨タイガーが表参道に出店 2013年秋

写真拡大

 北欧発のライフスタイル雑貨ストア「TIGER COPENHAGEN(タイガー コペンハーゲン)」が、関東エリアでは初となる新店舗を表参道に出店する。サザビーリーグとZebra A/Sの合弁企業Zebra Japanが運営し、オープン予定は2013年秋を予定。国内では昨年7月にオープンしたアジア1号店の大阪心斎橋店に続く、2店舗目の旗艦店となる。

タイガーが関東初店舗を出店の画像を拡大

 1995年に北欧デンマーク・コペンハーゲンでスタートした「TIGER COPENHAGEN」は、2012年7月に日本に上陸。ユーモアと色彩に富んだアイテムを低価格で提供して人気を集め、1号店のTIGER COPENHAGEN アメリカ村ストアは年間来客数が55万人を突破した。今年7月には、サザビーリーグがZebra A/Sと「TIGER COPENHAGEN」の日本展開に関する契約を締結。国内2号店は、トレンドに敏感な若い層や独自のライフスタイルにこだわりを持った人々が多く訪れ、また国内外の有名ブランドからファストファッションまで一大集積地として注目されていることなどから、表参道エリアに決定した。3〜5年以内には50店舗まで販売網を広げていくという。

■TIGER COPENHAGEN
 http://www.tiger-stores.jp/