本田圭佑がモデルの新メンズアンダーウェア発表 2万円超のパンツも

写真拡大

 アパレル・インテリア雑貨を手掛けるlibが、サポーターにサッカー日本代表本田圭佑を起用し、"持ってるオトコ"のメンズアンダーウェアブランド「BeTop(ビトップ)」を発表した。販売予定は11月から。高価格帯のスペシャルラインの展開も予定されている。

本田圭佑がモデルの新メンズアンダーウェアの画像を拡大

 「BeTop」は、日本の持つ技術力と独自のデザインを融合させることで、世界のトップを目指すアンダーウェアブランド。本田圭佑をイメージキャラクターに起用したヴィジュアルは、世界と渡り合う闘志と己に克つ誇りを表現しているという。展開アイテムはボクサーパンツが28型、Tシャツが9型で、3つのラインで構成される。カジュアルラインが2,500円から、ミドルラインが4,000円から、そしてスペシャルラインが20,000円から。スペシャルラインは世界で一社しか製造できない生地コズモラマを使用し、ウエストは平ゴムを編みこむ特別仕様で、ボクサーパンツ2型とTシャツ1型がライナップする。