●未確認魔人物体

(画像:「ブラッドラッド」公式Webサイトより)
©小玉有起/角川書店/ブラッドラッド製作委員会

●キャスト
ブラッド・チャーリー・スタズ:逢坂良太
柳冬実:野水伊織
ウルフ:寺島拓篤
ハイドラ・ベル:ブリドカット セーラ 恵美
ブラッド・D・ブラッズ:木村良平
ブラッド・T・リズ:南里侑香
豆次郎:斎藤千和
デク:米須太一
ミミック吉田:山本和臣
アキム:遊佐浩二
フランケン:稲田 徹
ネル:梶 裕貴
ベロス:浅野真澄
ゴイル:岸尾だいすけ
冬実父:徳本英一郎
トビ:ロア健治
キジ:白川周作
オニクロ店長:松田健一郎
ハトムネ運送:イッキ、菊タロー
サバ夫:明平鉄平
雪男:つぶやきシロー
パップラドン・アキム:遊佐浩二

●ストーリー
東魔界でナワバリボスをしているオタクな吸血鬼・スタズのもとへ、ある日、人間の女子高生・柳冬実が紛れ込んでくる。戸惑いながらにも冬実に会ったスタズは、自分の中から湧いてくる気持ちを整理出来ずにいた。しかし束の間、冬実はナワバリ破りに来た魔物に喰われ、幽霊となってしまう。スタズは自分の気持ちの整理のためにも、彼女を生き返らせようと「血意」する。
●前回のあらすじ
妹であるブラッド・T・リズの魔力によって魔界の刑務所(通称「リズのおもちゃ箱」)に収監されたスタズ。

但し、ボタンを押しただけであっさり釈放!と思いきや、

ブラッド・T・リズ「この刑務所はいつでも出られるわ。但し、こいつらを倒せたら、だけど。」

土の中から現れたのは如何にも危ない連中!

スタズは刑務所から脱出出来るのでしょうか?
●消えかける柳冬実
スタズが対峙した危ない連中2人組は体術のみで撃退する屈強な戦士。スタズはまるで相手にされず刑務所の独房へ戻されてしまいます。

スタズ「お前(柳冬実)を生き返らせる前に俺が死ぬかもな…。」

一方、足が消えかけている柳冬実に対して、

フランケン「幽霊ってやつを初めて見たが、これは混じっているな。魔族の何かが。」
ウルフ「それは吸血鬼か?宿してるってやつか?ハラミか、カルビか、手羽先か!」


柳冬実の体内には幽霊以外の魔力が入るも、キャパシティオーバーのため彼女の身体が耐え切れないようです。

フランケン「彼女が吸血鬼から魔力を吸い取る事が可能ならば…、次は根こそぎ頂けば良い!」
●パップラドン・アキム
ちなみに懲りずに何度も出獄を試みるスタズ(そのたびに撃退されますが…)。

ブラッド・D・ブラッズは「人体蘇生の書」の解読と自身の胸の弾丸除去の条件として、フランケンの作り出した人造魔人?9「パップラドン・アキム」の討伐を依頼。

※ちなみにフランケンも同じ依頼をウルフにします。なお、柳冬実を助ける別の方法は彼女の体内から吸血鬼の魔力を除去し、純粋な幽霊の状態にするという方法もありますが、それでは時間がかかり過ぎるようです。

パップラドン・アキム「フランケン、僕の身体のパーツはもっと上質なものじゃないと…。」

彼の暴走はフランケンには止められなくなってしまい、彼は周囲の魔族の身体のパーツを奪い取り続けているのですが…。
●いざ北魔界へ!
柳冬実「これだ!私の欲しかった物、でもちょっと違う。」

彼女は魔素ドリンクによって目覚めたもののフランケンの顔を見て再び気絶!

ちなみにこのシーンでは柳冬実のおっぱ○やお(※…。

※ディレクターズカットが入りました!

北魔界にやって来たウルフとハイドラ・ベル。とりあえずウルフは北魔界のボスとであったのですが…。

ウルフ「奴は来なかったみたいだな。お前、弱そうだし!豚だし。」

ちなみにスタズはブラッド・D・ブラッズの取引を断ると、再び先程の連中と戦う羽目に!

今度はあっさり瞬殺!

「ブラッドラッド」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】


【関連記事リンク】
【アニメ】「ブラッドラッド」第4話「ようこそ、ハイドラ・ベルの部屋へ!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「ブラッドラッド」第3話「人体蘇生の書」(ネタばれ注意)
【アニメ】「ブラッドラッド」第2話「ハイドラ・ベル、フリーダムな女!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「ブラッドラッド」第1話「柳冬実、幽霊になる!」(ネタばれ注意)
▼外部リンク

「ブラッドラッド」TVアニメ公式Webサイト