水中で釣り!?  “淡水と塩水” が生み出す、不思議な水中世界/ダイビングの名所「セノーテ・アンジェリータ」にて

写真拡大

蒼く澄んだ水中をゆく、ダイバーたち。でも待てよ、あの人、釣りしてない!? ココ、水中なのに!

そんな、一瞬我が目を疑う光景が見られる場所、それがメキシコ・ユカタン半島にあるダイビングの名所、『セノーテ・アンジェリータ』です。

海外サイト『My Modern Metropolis』に掲載されたロシアの写真家Anatoly Beloshchin氏による写真に写るのは、水中なのにも関わらず、まるでそこに川が流れているかのような、不可思議な光景。

その秘密は、淡水から塩水に切り替わる「塩分躍層(えんぶんやくそう)」という現象にありました。

腐食した木々などから生まれる硫化水素が作りだした、雲、あるいは深い霧にも似た、1mにもおよぶ層。それを抜けたところに広がる世界はまさに、おとぎ話の世界そのものです。

この、淡水と塩水を割る層によって発生する情景は、水深30m位深と、気が遠くなるほど深いセノーテだからこそ成立する唯一無二のもの。その美しく神秘的な様は、世界中のダイバーの心を惹きつけてやみません。

マヤ文明が栄えていた時代には、生贄をささげる場としても使われていたという同地。それゆえに、雲の中をゆくような錯覚にすら陥るという感覚が生まれても、なんら不思議はないように思えてきます。

今いる場所が夢なのか現実なのか、はたまた別世界なのか、わからなくなる。稀有なダイビング体験をしたいというあなたは、ぜひ『セノーテ・アンジェリータ』に、足を運んでみてはいかがでしょうか。

(文=田端あんじ)

参考元:My Modern Metropolis


画像をもっと見る