まるで流星のシャワー! 最高の条件で「ペルセウス座流星群」がやってくる

写真拡大 (全2枚)


みなさん、こんにちは。アストロ・コミュニケーターの景山えりかです。
毎年8月12日〜13日頃に活動がピークになる「ペルセウス座流星群」。どうやら今年は、近年のうちでも最高の条件で、たくさんの流星が見られそうなんです!
 
今年はベストコンディション!
流星群は、

・活動のピークとなる時刻が夜間である ・その時刻に、流星が飛び出してくる方向(放射点)が空高く昇っている ・月明かりの影響を受けない

などの条件がそろわないと十分に楽しむことができません。

8月13日(火)午前3時頃の東の空。ペルセウス座が高く昇ってきています[ステラナビゲータで作成]
今年の場合、ペルセウス座流星群のピークは8月13日(火)午前3時頃。その時刻には、放射点が高度を上げてきているうえに、月は夜半前に沈んでいるので、月明かりの影響はまったくありません。つまり、流星を見るための条件がそろった最高の状態! これは期待が高まりますね!
12日深夜から13日明け方までが一番の見頃
流星を見つけるベストな時間帯は、12日の深夜から、日付をまたいで13日の明け方まで。ペルセウス座は東の空にいますが、流星は全天に現れます。特定の方角にこだわらずに、空全体を見渡すように眺めるのが、流星を多く見つけるポイントです。
安全な場所にラグなどを敷いて、寝転びながら楽な姿勢で、30分〜1時間くらいは空を眺めてみてくださいね。夜空が晴れてさえくれれば、たくさんの流星をキャッチできるはずです!
七夕の星にも注目!

西の空には、織姫(こと座のベガ)と、彦星(わし座のアルタイル)も輝いています[ステラナビゲータで作成]
せっかく星空を眺めるのなら、西の空にご注目を。そこには、織姫(こと座・ベガ)と彦星(わし座・アルタイル)が輝いています。じつは、8月13日は、旧暦7月7日にあたり、伝統的な七夕の日。そう、8月13日は、流れ星にも七夕の星にも、願いをかけられるわけです。相乗効果で、大きな夢がかなうかもしれません! 13日は夜更かしのしがいがありそうです。


★ワークショップ開催のお知らせ
私、景山えりかが講師を務めるワークショップ「星カフェ☆ for kids てづくり望遠鏡で月を見てみよう!」が「IID 世田谷ものづくり学校」で開催!
組み立て望遠鏡のキットを使って「マイ天体望遠鏡」をつくり、月を観察します。 自分でつくった望遠鏡でクレーターを見た瞬間は、この夏一番の感動体験となるはず! 
「IID KIDS WORKSHOP in SUMMER 2013」の共催ワークショップ公募で優秀賞を受賞しています。


[星カフェ☆ for kids てづくり望遠鏡で月を見てみよう!]
日 程:8月17日(土)16:30〜17:45会 場:IID 世田谷ものづくり学校 2階(211 studio)参加費:2,800円(材料費、税込)参加資格:小学生以上(星ガールのみなさまほか、大人も大歓迎!)共 催:IID 世田谷ものづくり学校詳細はこちら>>

(景山えりか)