役所広司

写真拡大

『告白』『嫌われ松子の一生』で知られる中島哲也監督の新作映画『渇き。』が、2014年夏に公開されることが明らかになった。

【もっと写真を見る】

第3回『このミステリーがすごい!』で大賞を受賞した作家・深町秋生の『果てしなき渇き』が原作の『渇き。』は、失踪した実の娘を捜索する元刑事の父親が、想像を超えた事態に巻き込まれていくという物語。ミステリーとしてはもちろん、サスペンスやアクション要素も盛り込まれたエンターテイメント作品になるという。

元刑事の藤島昭和役を役所広司が演じるほか、キャストには突然謎の失踪を遂げた娘・加奈子役を新人の小松菜奈、事件の重要参考人となった藤島に密着する元部下の刑事・浅井役の妻夫木聡、浅井と同じ署に勤める刑事・愛川役のオダギリジョーをはじめ、清水尋也、二階堂ふみ、橋本愛、國村隼、黒沢あすか、青木崇高、中谷美紀が名を連ねている。脚本は、中島監督と門間宣裕、唯野未歩子による共同執筆となる。

中島監督は同作について「悪夢のような原作です。映画化なんて絶対無理! ですが・・・最低最悪の主人公を演じる役所広司さんの勇気、新人女優 小松菜奈さんとの劇的な出会いが、僕にこの物語の映画化を決意させました」とコメント。主演の役所は「この、果てしなく渇いている、狂気と暴力。とてつもない物語のようですが、 毎日のように凶悪事件のニュースが報じられている今を思えば、この物語はこの国の一部をリアルに描いているのかも知れない、と感じてしまいます」と思いを語っている。