8月5〜7日の3日間、東京ビッグサイトにおいて、外食・FC産業活性化のための専門展示会「NOODLE WORLD 2013」「INTER-FOOD JAPAN 2013」「第4回フランチャイズ・独立開業支援展」が開催された(主催:各展示会実行委員会)。各展は、パスタ、そば、ラーメン、日本食、居酒屋、店舗、名産品など業種業態別の展示会で構成され、3展示会合計の出展者は800社以上(うち新規出展200社以上)で、来場者数は、正式な集計は未発表であるが、当初計画では、飲食店経営者・バイヤーなど50000名となっている。

今回の見どころは、「INTER-FOOD JAPAN 2013」において初めて開催された、「第1回カフェ・喫茶産業展」である。
この展示会は、外食産業において特に注目度が高まっているカフェ・喫茶産業にスポットをあて、必要な食材や設備、備品を一堂に集め紹介するもので、カフェ・カンパニー(株)の楠本修二郎社長が全体をプロデュースした。カフェは単にコーヒーを提供するだけでなく、多様な価値観を共有する人々が集い、コミュニティが生まれる場所という理念のもと、2001年に創業されたカフェ・カンパニーは、現在77店舗を運営する一方、地域の生産者と都市生活者をつなぐ地域デザイン事業、異業種とのコラボを図るプロモーション事業やスペースデザイン事業など、多彩な事業展開で注目を集める企業である。
また、「カフェ・喫茶産業展」のメインコンセプトゾーンは、東急東横線渋谷駅跡地のイベントスペース「SHIBUYA ekiato」にオープンしたユニクロの世界最大のUTストア「UT POP-UP! TYO」の空間プロデュースや無印良品の企画など、多岐にわたる活動で知られる、スペースコンポーザーの谷川じゅんじ氏(空間クリエイティブカンパニー〈JTQ〉代表)が担当した。
会期中には、各界の第一人者を集め、食はもちろんのこと、旅・アート・カルチャー・デザイン・音楽・ファッションなど、多様なライフスタイルをつなぎ、人が集い、育む場としてのカフェの役割、今後の可能性などについて、9つの専門セミナーが開催され、多くの来場者を集めた。

なお、全体を概観してインテリア関連の出展者は多くないが、中でも灰一(株)(滋賀県)は、スペインBOING社の柔らかい素材(フレキシブルポリウレタン)を使った、洗練されたフォルムの洗面ボウル等を出展し、注目を集めた。これは10種類のカラー、4つのコンセプトで構成されており、汚れがつきにくいよう、日本国内で表面加工を施している。