異性とのコミュニケーションが苦手だ(年代)

写真拡大 (全4枚)

 クローズドSNS、カップル専用アプリ『Between』サービスを提供するVCNC Japanは、10代から50代の登録ユーザー5,000人を対象に、インターネットによる『恋愛・結婚に関する意識調査』を6月に実施し、その結果を8月5日に発表した。

 結婚についての質問に、約96%のユーザーが「早くしたい、または、いずれしたい」と回答しており、カップル専用アプリのユーザーは、結婚に前向きな人が多いことがわかった。

 「異性とのコミュニケーションが苦手」という質問項目では、「いいえ」と回答したユーザーは幅広い年代で3割程度と少なかった。カップル専用アプリのユーザーは、幅広い年齢層で異性とのコミュニケーションに対しての苦手意識は低いようである。

 オーネット調べの「2013年新成人800人の意識調査」では、「異性とのコミュニケーションが苦手」という質問項目に「はい」と答えた人が約63%だったが、カップル専用アプリのユーザーでは、20代前後においても、「いいえ」と答えた人が60%を超えており、対照的な結果となっている。

 「一度家庭を持ったら、よほどの事が無い限り離婚すべきでない」と回答したユーザーは、91.1%と高い結果になったが、年齢層により差が見られた。10代から20代前半及び50代後半が高く、30代後半から40代前半の年齢層では、約55%と、大きく下がっている。