ビジネスで成功し、大富豪となるには、本人の才覚もさることながら、内助の功も大きな力となる。アパホテル社長の場合はそれは夫だった。

「主人はワンマン経営者として知られていますが、家でも冷蔵庫の扉を自分で開けたことがないぐらいの超ワンマン(笑い)。私がアパホテルの社長になってアパグループの顔として振る舞っているのも、そもそもは主人にいわれたから。主人がいうことは絶対に正しいと確信してますから、反発も不安もありませんでした。夫婦ゲンカ? 一度もしたことないですね」

 そう話すのはアパホテル社長の元谷芙美子(ふみこ)氏だ。現在の成功も、ひとえに夫の外志雄(としお)氏(アパグループ代表)のおかげと断言する。

 常に夫を立て、全幅の信頼のもとに付き従う妻の姿──それは、成功者の夫婦によく見られる典型例だ。

『ユダヤ人大富豪の教え』の著者で、お金持ちの実像に詳しい作家の本田健氏が解説する。

「お金持ちというのはビジネスで相当のストレスを抱えている人が多い。その上に、家庭内で余計にストレスがかかると、仕事にも影響が及びます。富豪の妻は夫のどんな些細な悩みや愚痴にも耳を傾けられる聞き上手の女性が多い傾向があります。

 それは、そもそも夫のことを深く尊敬している妻だからこそできることです。また、夫がビジネスや事業で失敗した時には、自分が助けてあげればいいという自立心も持っているから、普段から支えられるのです。

 夫はそういう妻には“ありがたい”と、感謝の念を抱くことができる。それこそが、富豪たちが家族のためにも必死で働こうというモチベーションにつながるのです」

 本田氏が所得別にアンケート調査を行なったところ、「パートナーは大切か」という質問に「はい」と答えた人は年収1000万円以下で20%だった。しかし、年収3000万円以上になると37%に急上昇する。裕福になればなるほど、「妻は大切だ」と感じているという結果が出たのだ。

※週刊ポスト2013年8月16・23日号