「丸の内カフェ ease」のフルーツパフェ

写真拡大

8910(ハクトウ)の日に合わせ2013年8月9日・10日の2日間、岡山から直送した白桃などを使ったフルーツパフェを提供する「おかやま白桃パフェ Days 2nd」を、東京・丸の内と大手町のカフェで開く。

計5店が参加

岡山市で生産したフルーツで作ったフルーツパフェを提供することで、岡山市のイメージや認知度のアップを目指すイベント。前回の好評を受けて2度目の開催となる。岡山の白桃は、透き通るような白さとなめらかな口あたりが特長で、それぞれのカフェが素材の味を生かした独自のメニューを考案した。

今回新たに参加する「丸の内カフェ ease」では、メニュー完成までに6種類を試作し、冷たいソフトクリームとさわやかなヨーグルトでシンプルに仕上げた。実施場所は、丸の内カフェ easeのほか、丸ビル 千疋屋やA16(エーシックスティーン)、HENRY GOOD SEVEN、Bistro Lyon(ビストロ・リヨン)の計5店。

各店舗1日限定50食の提供で、価格はいずれも700円。パフェを注文すると、特製コースターやきびだんご1粒がついてくる。