『ランボルギーニ・ガヤルド LP 570-4 スクアドラ・コルセ』 レーストラックの興奮を、そのまま公道へ
Lamborghini Gallardo LP 570-4 Squadra Corse_01.jpgAutomobili Lamborghini(アウトモビリ・ランボルギーニ)は、レーストラックの興奮を公道で味わうことのできる新しいガヤルド、『ランボルギーニ・ガヤルド LP 570-4 スクアドラ・コルセ』“Lamborghini Gallardo LP570-4 Squadra Corse”(以下、ガヤルド・スクアドラ・コルセ)を発表しました。


(写真は、、『ランボルギーニ・ガヤルド LP 570-4 スクアドラ・コルセ』)
その高いパフォーマンスは、レースの感動をそのまま公道で再現します。ガヤルドのラインナップに新たに加わったこの究極のモデルは、世界最速のワンメイク・シリーズ、ランボルギーニ・ブランパン・スーパートロフェオに使用され、成功を収めているレーシングカー、「ガヤルド・スーパートロフェオ」をベースにしたものです。「ガヤルド・スクアドラ・コルセ」は、来たるフラクンクフルト・モーターショー2013 にてワールド・プレミアを迎えます。「ガヤルド・スクアドラ・コルセ」は、アウトモビリ・ランボルギーニ内に新設された部署、「スクアドラ・コルセ」にちなんで名付けられました。この部署は、GT3 からランボルギーニ・ブランパン・スーパートロフェオ選手権まで、ジェントルマン・ドライバーたちが高難度のレーストラック上で火花を散らす、ヨーロッパ、アジア、アメリカ各地のランボルギーニのあらゆるモータースポーツ活動を管理・運営しています。
新しい「ガヤルド・スクアドラ・コルセ」は、レースカーに非常に近いモデルと言えます。エンジンには、通常レースカーに使用しているV10 エンジンと同じものを、仕様変更せずに搭載しています。同様に、より大きなダウンフォースを生み出すリア・ウィングもレースカーと同じものを採用しています。その結果、最高の空力条件下では、ガヤルド LP 560-4 と比較し3 倍ものダウンフォースを生み出し、ハイスピードのドライビングでも、既存のモデルより優れた動的安定性を発揮します。そして、レーシング用モデルから採用されたもう一つの要素が、クイックリリース式の取り外しが可能なエンジンフードです。リア・ウィング、フード共に、「ガヤルド・スクアドラ・コルセ」の多くのコンポーネント同様、カーボン複合材を採用しています。
ガヤルドの新たなトップモデル、「ガヤルド・スクアドラ・コルセ」の超軽量構造は、アルミニウムとカーボンファイバーがベースになっています。乾燥重量は1340kg で、「ガヤルド LP 560-4」と比べても70kg の軽量化を実現しています。これにより、2.35kg/HPという驚異的なパワーウェイトレシオを実現し、息を呑むようなパフォーマンスが可能となりました。0〜100km/hの加速はわずか3.4秒、10.4秒で時速200km まで加速すると、最高速は320km/hにまで達します。もちろん、生産規格のカーボン・セラミック製のブレーキシステムが、比類なきストッピングパワーを約束します。

  

Lamborghini Gallardo LP 570-4 Squadra Corse_02.jpg より大きなダウンフォースを生み出すリア・ウィングもレースカーと同じものを採用しています。
 

 
新しい「ガヤルド・スクアドラ・コルセ」は、スーパートロフェオ選手権モデル同様、「ガヤルド・スーパーレジェーラ」の技術的基盤を採用しています。搭載するV10エンジンは、8000rpm時に570馬力(419kw)の最高出力を生み出し、V10のユニークな点火順序により、モーターレースでお馴染みの印象的な音を発します。また、「ガヤルド・スクアドラ・コルセ」は、レーシングカーと同様、ステアリングホイールのパドルスイッチによって操作される6速変速のeギヤ・ロボットを標準装備しています。この電子操作システムにより、6つのギヤをプロドライバーよりもスムーズかつ素早くシフトすることが可能になりました。そして、「ガヤルド・スクアドラ・コルセ」の興奮に満ちあふれた走りは、いかなる状況下でも強力なグリップを生み出す、四輪駆動の賜です。
 ランボルギーニ・ブランパン・スーパートロフェオは、四輪駆動のレーシングカーが出場する世界で唯一のシングルブランド・レーシング・シリーズです。「ガヤルド・スクアドラ・コルセ」は、息を呑むようなコーナリング・スピードとレスポンスの迅速さで、驚くべきドライビング体験を提供する高機能なドライビングマシンです。走行時の挙動は常に正確かつ安定性抜群で、何よりも安全性が約束されています。
 「ガヤルド・スクアドラ・コルセ」の究極のレーシング・パフォーマンスは、母国イタリアへの愛の証であるその外観デザインにも見ることができます。サイドに沿って施された緑・白・赤のステッカーは、イタリア国旗の色を模したものです。ボディカラーは、「ジャロ・ミダス(イエロー)」、「ビアンコ・モノセラス(ホワイト)」、「グリジオ・タラッソ(グレー)」、そして「ロッソ・マース(レッド)」から選択可能です。また、ボディカラーとは対照的に、大きなリア・ウィングをマットブラックで仕上げることで、エクステリアに絶妙なアクセントを添えました。フード、フロントのエアインテーク、リアディフューザーおよび19インチ鋳造ホイールは、ハイグロス・ブラックで塗装されています。強力なブレーキキャリパーはレッド、ブラック、またはイエローの3色よりお選びいただけます。



 Lamborghini Gallardo LP 570-4 Squadra Corse_01.jpg
搭載するV10エンジンは、8000rpm時に570馬力(419kw)の最高出力を生み出し、
V10のユニークな点火順序により、モーターレースでお馴染みの印象的な音を発します。


 
「ガヤルド・スクアドラ・コルセ」のインテリアに主に使用されているのは、超軽量のカーボンファイバーとアルカンターラ(Alcantara®)という、スポーティー・ミニマリズムを体現するパーフェクトな素材のコンビネーションです。アルカンターラは、ダッシュボードの下部、シートクッションの中央パネルおよびバックレストに、一方ランボルギーニが世界最高峰の技術を誇るカーボンファイバーは、ドアパネル、レーシングシートやセンターコンソールのカバーに用いられています。さらには、ハンドブレーキのフレームや、センターコンソールの中央部分、ステアリングホイールのリムの下部、主および副インストゥルメント・パネルを囲むトリム、ドアハンドル、そしてグローブボックスを開閉するためのハンドルなどにもカーボンが使用されています。なお、レーシング用バケットシートの代わりに、コンフォートシートをオーダーしていただくことも可能です。
スクアドラ・コルセ部門が主催する「エスペリエンザ」と名付けられたイベントでは、ファンや来場者に向けて、初試乗とランボルギーニの世界を体験する機会を提供します。トラックおよび氷上で開催される「ランボルギーニ・アカデミー」では、ドライバー向けのトレーニングを提供し、本物のレースへの第一歩を踏み出すことが可能です。そして、スーパートロフェオ・シリーズは、若きジェントルマン・ドライバーたちに素晴らしいレース初体験を、ランボルギーニGT3は、世界中のランボルギーニ車と戦いたいという経験豊富なレーサーにその機会を提供します。



Lamborghini Gallardo LP 570-4 Squadra Corse_03.jpgインテリアに主に使用されているのは、
超軽量のカーボンファイバーとアルカンターラ(Alcantara®)です。

 
 
 【問】ランボルギーニ カスタマーセンター tel:0120-988-889


■関連記事
ジャガー「XF」向け50台限定の『ブラックホイール de インチアップ』キャンペーンを実施
マセラティ、「第70 回ヴェネツィア国際映画祭」のメインスポンサーに
エルメネジルド ゼニアとマセラティの共同プロジェクト!VOR70マセラティ号の大海原への挑戦