写真提供:マイナビニュース

写真拡大

交通系ICカードを発行するPASMO協議会やJR各社などはこのほど、7月の1カ月あたりの交通系電子マネー利用件数が1億435万件を記録し、初めて1億件を突破したと発表した。

1カ月あたりの交通系電子マネー利用件数は、2010年6月に初めて5,000万件を突破。以降、2011年5月には6,000万件、2011年7月に7,000万件、2012年7月に8,000万件をそれぞれ突破し、およそ1年で1,000万件以上のペースで増加を続けていた。

2012年7月から今年7月までの直近1年間の増加件数は1,732万件で、とくに2013年3月の全国相互利用サービス開始以降、利用件数が急増していることが明らかに。なお、利用件数はKitaca、PASMO、Suica、manaca、TOICA、ICOCA、はやかけん、nimoca、SUGOCAの加盟店における各交通系電子マネーの利用件数の合計値とされている。

(佐々木康弘)