山口の豪雨で極めて珍しい現象

ざっくり言うと

  • 山口、島根両県を中心に大きな被害を出した7月末の豪雨
  • 気象研究所は6日、巨大な積乱雲が繰り返し発生していたとする解析結果を発表
  • 通常より2倍近く大きい直径10〜15kmの積乱雲が発生した地域もあったという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング