写真提供:マイナビニュース

写真拡大

東京ミッドタウン(東京都港区)は、秋のデザインイベント「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2013」(東京ミッドタウンデザインタッチ2013)を、10月18日〜11月4日まで開催する。

○芝生広場で体験できる「ミッドパーク・ダンジョン」

2013年のテーマは「デザインを、探しにいこう」。東京ミッドタウンのガーデン、ショップ、デザイン施設など、街全域を舞台に様々なイベントを展開する。

メインコンテンツ「ミッドパーク・ダンジョン」は、若手建築家 藤村龍至氏が制作した木材で作られたアトラクション。「大型オブジェ」、「木漏(も)れ日の射すトンネル」、「空気をつかむシャボン玉」、「土管を積み上げたトンネル」の4つのコンテンツを体験しながら進む。場所はミッドタウン・ガーデン芝生広場。

○週末は大人も子供も楽しめるワークショップ開催

週末には、芝生広場沿路に張られたテントに、クリエイティブワークショップがオープン。東京ミッドタウンアワードで商品化されたアイテムを使った特別ワークショップも開催する。

ワークショップ例として、千歳飴の形が押せる「千歳飴パーツハンコ」を使って作る「千歳飴トートをつくろう!」、泥んこ遊びをしながら苔玉作りが楽しめる「みどりのともだちを作ろう!」など。開催は、10月19日・20日・26日・27日。時間は11時〜17時(予定)。雨天中止。

○1日限りのデザインカレッジもオープン

東京ミッドタウン・カンファレンスでは10月26日に、日本のデザインをけん引するクリエイターが登場する、1日限りのデザイン・カレッジ「デザインタッチカンファレンス」を開催する。六本木のデザインとアートと人をつなぐ街を目指し、情報を発信するWEBサイト「六本木未来会議」のリアルセッションも予定している。参加は無料。

また、東京ミッドタウンのインテリア・デザイン店舗18店と、日本を代表するデザイナーがコラボレーションしたオリジナルのショッピングバッグを制作。各店舗で2,000円以上購入すると、先着順で配布する。なくなり次第終了となる。その他、「Tokyo Midtown Award 2013」の受賞作品の発表・展示なども行う。

詳細は、東京ミッドタウン公式サイトで案内している。

(フォルサ)