「プレーンズ」LAプレミア開催、カーズの世界が空へ広がった感動作。

写真拡大

2006年の1作目公開から全世界で大ヒットを記録し、今なお愛され続けているディズニー/ピクサーの傑作「カーズ」シリーズ。その世界観にインスピレーションを受け、大空を舞台に“夢をかなえる勇気”を描いた感動のファンタジー・アドベンチャー「プレーンズ」が8月9日より全米公開されるが、それを前にした8月5日(日本時間6日)、ハリウッドのエル・キャピタン劇場にてワールドプレミアが実施された。

「プレーンズ」は、世界一周レースで優勝することを夢見る高所恐怖症の飛行機のダスティが、冒険を通してさまざまな仲間と出会い、支えられながらも困難を乗り越えて、大きく成長していく姿を描いた作品。

ワールドプレミアには、本作のクレイ・ホール監督をはじめ、ジョン・ラセターらスタッフ・クリエイターたち、そして英語版で声優を務めた「トップガン」のアンソニー・エドワーズがレッドカーペットに登場。本編では「トップガン」でトム・クルーズのライバルを演じたヴァル・キルマーとともに主人公ダスティの危機を救う戦闘ジェット機役を演じており、ディズニー映画の世界で再び大空に飛び出している。ヴァル・キルマーは「『プレーンズ』でまた彼と一緒に仕事ができると知って本当に嬉しかったよ」とコメント。2人の共演シーンにも注目が集まっている。
 
「カーズ」シリーズの監督で、本作では製作総指揮を務めたジョン・ラセターは、“カーズの素晴らしい世界が空へと広がった”ことについて、「本当に素晴らしい作品なんだ!僕たちが行けない“大空”に彼らは行くことができる。面白味があって、温かみにあふれている映画なんだ」と興奮気味に語った。

一方クレイ・ホール監督は、「4年半越しの夢が叶ったよ。飛行士のパイオニアたちに会う貴重な機会に恵まれたり、海外にリサーチツアーに出かけたり。すべてが完成して、今この場に立っていられることが信じられない気分だよ」と喜びを隠せない様子だ。

また、4人の子どもを持つ父親でもあるアンソニー・エドワーズは、「子どもたちに『プレーンズ』の声優をするって伝えた時は、大興奮していたよ。この作品には、素晴らしい俳優たちが声優として参加しているんだ。役者にとってこんなに面白い仕事はないだろうね」と語った。

ディズニー映画最新作「プレーンズ」は、日本では12月21日(土)よりロードショー公開。