税制優遇を利用して資産運用の練習をしよう! サラリーマンが知るべきお金の教養(5)

写真拡大

学生時代からの親友である、大企業のバリバリ広告マン「周ちゃん」と、キレキレ公認会計士「えーちゃん」が飲み屋で何やら話をしている。今回はその5回目。税制的にメリットの大きい確定拠出のさらに有効な活用法について二人が話をしている…。

[前回の記事]
●資産運用とアベノミクスについてまずは考えてみた
●そもそも確定拠出年金ってなに?
●「日本の年金制度について知らないと!」
●確定拠出年金は「想定利回り」が大事!

広告マン・周ちゃん(以下、周ちゃん)積み立て投資の方が資産運用の練習には良いの?

会計士・えーちゃん(以下、えーちゃん)投資が初めての人にとって少しずつ慣れるには良いと思うよ。

 確定拠出年金では運用するのに投資信託を選ぶことになるけど、投資信託の売買の単価は変動するよね。投資信託の売買の単位を口数って言って、毎月一定の金額を積み立て投資すると、積み立て額÷投資信託の単価で口数は変わるから、投資信託の価格が上がった時には少ない口数で、投資信託の価格が下がった時には多い口数に自動的に調整されることになるよね。結局、投資信託の価格が上がったり下がったりする中で、価格が下がった時には多い口数を買うことによって、長い目で価格が上がっていけば、平均価格を安定させながら資産を増やしていけるっていう考え方だね。

周ちゃん なるほど。投資って慣れが必要そうだもんな。与えられてしまった確定拠出っていう機会で小さく慣れておいて、それ以外のお金でも運用ができるようになればいいもんね。

えーちゃん 余裕のお金があるんなら確定拠出の「マッチング拠出」を考えてみるのも良いんじゃない?

また新しい言葉が出てきたな。マッチング拠出?

「マッチング拠出」って言うのは、社員が確定拠出への掛け金を上乗せできる出来る制度。
 何が良いかって言うと、確定拠出への掛け金を上乗せすると、上乗せした金額について税額控除と言って、所得税を減らすことが出来るんだよね。

へえ。税金がお得になるんだ。

これはマッチング拠出に関わらず確定拠出全体での話だけど、確定拠出の制度には、結構すごい税制優遇があってね。
 まず、掛け金が払われたときって給料にその分のお金を上乗せでもらってるようなもんだけど税金は掛からないでしょ。
 次に、運用時に利益が出ても非課税になってる。通常の資産運用では株や投資信託の利益には10%(*)の税金が取られるけど、運用期間中は非課税で、キャピタルゲインへの課税がない。
 あと、お金をもらえる時には、年金に掛かる税金の控除などがある。
こんな感じで税制的に有利になってる。

(*)平成26年度より20%

おー、すぐにはピンとこないけど、結構すごい仕組みなんじゃないの。
確定拠出にお金を払う時、運用してる間、年金をもらう時で税制面で有利なんだ!
 そう考えると、税制の面では確定拠出のサラリーマンはちょっと得してるってことになるんだね。

マッチング拠出はそもそも会社が導入しているかどうかを自分の会社に確かめないといけないので、確定拠出年金制度を導入している全部の会社にあるわけじゃないけど、確定拠出の他に併用している企業年金がない企業の場合は、会社の掛金と従業員の掛金の合計は月5万1000円が上限になってて、仮に会社が3万円を自分の分に拠出している状態であれば、従業員である自分が拠出できるマッチング枠は2万1000円まで。あと、会社の掛金より多く拠出することは出来ない。会社の拠出が1万円であれば、従業員拠出は1万円が上限ってことね。まあ、ややこしいので、マッチング拠出の検討を考えるなら、そもそも会社にあるかどうか、細かいことは人事に確認だね。

*参考:2013年5月末時点で、確定拠出年金導入企業のうちマッチング拠出を導入している企業は20%に満たない。
厚生労働省(2013年5月31日付) 「企業型年金の運用実態について」より

じゃあ、当面の余裕があるなら、上限までマッチング拠出すればいいわけだな。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)