人の幸せが妬ましい…!アラサー女子が病みがちな友人の幸せ5選

写真拡大

アラサーにもなると、結婚、妊娠、出産など、周囲からハッピーなお知らせが舞い込んくる機会が増えるもの。

ところが、プライベートでも仕事でも花開かず、周囲の幸せを耳にしては卑屈になっている、心の中が荒みきったアラサー女子だっているんです。

悲観的な人生を歩むアラサー女子に、人の幸せを耳にして妬ましいと思ってしまったエピソードを聞いてみました。

私だって幸せになりたい! 人の幸せが妬ましいと思ったとき5選

●その1:スピード結婚&スピード妊娠

「29歳のときお互い彼氏がいなくて、『結婚するときは抜け駆けなしだよー』なんて話していた友人がいました。ところが、単なる男友達の子供を妊娠してあっという間に結婚。そして子供が1歳になる前に2人目妊娠が発覚。彼氏がいなかったのはほんの2年前なのに、たった2年で子供2人を授かるというスピード展開にはびっくりですよ。私は相変わらず彼氏さえいえないのに……(31歳/コンサルティング)

●その2:Facebookにアップされ続ける結婚式の写真

「ここ2年ほど、Facebookに友人のウェディング写真がアップされ続けています。本人がアップするのはもちろん、参列した人がタグ付けしてアップすることも多いので、私のFacebookは友達のウェディング写真だらけ。最初は『おめでとう』とコメントを書き込んだり、『このドレスかわいいなー』なんて思いながら楽しんでいましたが、もうお腹いっぱい十分です」(30歳/教員)

●その3:「家建てました」の報告

「Facebookや年賀状で、『新居を建てました』という報告をする友達がチラホラ。きれいに芝生が敷かれた庭があったり、海が見える豪華なウッドデッキがあったり、リア充感が半端ない! 私なんて、いまだに家賃8万の1Kマンションに住んでるんですけど。この格差は一体何なんだ」(32歳/財務)

●その4:「独立しました」の報告

「最近、弁護士と建築士の友人2人が独立しました。大学の頃からたくさん勉強してつかみ取った職業なので、私とは努力のレベルが全然違うんですが、やっぱり羨ましい……私なんて、新入社員の頃から給料が3万円しかアップしていないって言うのに。やっぱりもっと勉強しとけば良かったと今さら後悔しています」(32歳/営業)

●その5:海外旅行しまくり

「弁護士の男性と結婚した友だちが、子供がまだ小さいというのに海外旅行しまくり。ハワイ、グアム、モルディブ、今年の夏はまたハワイに行くそうです。普通、子供が小さいうちってあまり遊べないって言うけど、彼女はまったくそんな感じがなくて、むしろ独身時代よりもお金があるので自由に遊んでいます。旦那、子ども、金、自由を手にしているなんて、悔しくてたまらないです」(33歳/ネイリスト)

妬んでも幸せはやってこない!

「隣の芝生は青く見える」とはよく言いますが、人の幸せを妬んだり、不幸があればいいのになどと思ってしまうのはやっぱりちょっと問題あり……。

そんな卑屈な人生を送っていたら、この先も自分に幸せが来ることはないかもしれません。

人生は色々。人より遅れて幸せが来るのだと信じて、明るく前向きに過ごせるようになりたいものですね。

Written by きつたなお