小説『自分を好きになる方法』(著/本谷有希子 発行/講談社)の発売を記念して、8月4日午後、下北沢にある本屋B&Bにて、FM NACK5主催による本谷有希子さんによるトークイベントが実施された。

 一人の女性の一生を「3歳」「16歳」「28歳」「34 歳」「47歳」「63歳」のそれぞれ一日を連ねた6日間で描く、異色の長編小説。
 
 本谷氏は、「自分を好きになる方法」というタイトルに込められた意味や、これまでの作品と異なり、ごく普通の生活を送る女性を主人公に選んだ理由、デビュー以来の小説に対する新境の変化などについて語った。
 
 さらに、「他人と自分を比べないようにするにはどうしたらいいか?」という来場者からの質問に対し、かつては自分も劣等感のかたまりだったという本谷氏が、自分なりに見つけた意外な解決法を明かすなど、質疑応答を交えて進行した。

 イベントの模様は、FM NACK5にて放送。【放送日時 8月18日、25日深夜1時〜1時30分 関東エリアのみの放送。関東エリア以外の方は、放送後NACK5のサイトよりポッドキャストで聴取可能。http://www.nack5.co.jp/podcasting/】

【本谷有希子プロフィール】
1979 年、石川県出身。00年9月、劇団、本谷有希子を旗揚げ。主宰として作・演出を手掛ける。07年、『遭難、』で第10回鶴屋南北戯曲賞を最年少で受賞。09年には『幸せ最高ありがとうマジで!』で第53回岸田國士戯曲賞を受賞した。また、小説家としても活動し、『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』、戯曲『遭難、』(講談社)が三島賞候補、『生きてるだけで、愛。』(新潮社)が芥川賞候補にノミネート。2011年、小説『ぬるい毒』』(新潮社)で第33回野間文芸新人賞を受賞。同作は今年9月に吉田大八監督により舞台化される。2013年には『嵐のピクニック』(講談社)にて第7回大江健三郎賞を受賞した。

【関連リンク】
http://bookclub.kodansha.co.jp/books/topics/linde/
http://www.nack5.co.jp/



『自分を好きになる方法』
 著者:本谷 有希子
 出版社:講談社
 >>元の記事を見る



■ 関連記事
女子会は無駄?必要なのは「女子力」ではなく「麻央力」!
50代からの50旅 !日本にまだ、こんな風景あったのか!!
旅 ×イケメン!?  意外なコラボでつくる新しい旅のカタチ


■配信元
WEB本の雑誌