プラダ、ミラノの名所ガレリア再開発プロジェクト始動 メンズ店出店

写真拡大

 「PRADA(プラダ)」が、ミラノの歴史ある名所Galleria Vittorio Emanuele II(ガレリア・ヴィットリオ・エマヌエーレ?世)に新たな活気を享受する大型プロジェクトをスタートした。歴史的な建造物とその一帯の改修工事をはじめ総合的な再開発を請け負うもので、第一段階としてメンズコレクションの店舗をオープン。1913年にマリオ・プラダが同地に1号店を出店してから100周年を迎える今年、生誕の地で事業を拡大し原点に回帰する。

プラダがミラノ名所の再開発を監修の画像を拡大

 ガレリア・ヴィットリオ・エマヌエーレ?世での大型プロジェクトを通じて「PRADA」は、洗練された都会のランドマークの活性化につなげ、本拠地ミラノに貢献していくという。ガレリア内のプラダ店舗は売り場を一新して多目的に活用できるイベントスペースを併設し、プラダ財団とプラダ・グループ本部の拠点として活用。中央交差点を挟んで店舗の対角線上に位置する扇形に広がるエリア一帯も改修し、一般的な修繕から近代的な高効率の冷暖房やセキュリティシステムの導入まで、構造全体とレイアウトを総合的に再開発する。

 第一段階としてオープンするメンズコレクションの店舗には、ガレリアの店舗がもつエレガンスと気品あるデザインを反映するとともに、「PRADA」のグローバル店舗で取り入れている最先端のリテールテクノロジーを採用。第二段階以降は、プラダ ガレリアの中2階にレストランがオープンし、中庭を復元して一般公開する計画。上階にはプラダ・グループ本部のスペースを設けるほか、プラダ財団の展示スペースとして、美術展をはじめ公演や授賞式、シンポジウムなどを行うための最新のディスプレイ設備や照明、冷暖房設備、パーティー用設備を装備する。