写真提供:マイナビニュース

写真拡大

九州観光推進機構は9月1日〜2014年3月31日まで、「空行け!九州キャンペーン」として、九州へ就航する国内航空会社全14社と団結した航空機利用促進プロジェクトを始動する。

同機構は平成24年度、九州ブロック航空利用促進協議会の後援を得て、九州へ就航する国内航空会社全14社と団結した全国初の航空機利用促進プロジェクト「よかよかエアラインズ」を設立。同プロジェクトでは、九州へ客を運ぶキャンペーンのための架空の航空会社として、全国各地でキャンペーンを展開した。

○九州ゆかりのプレゼントやイベントを開催

この「よかよかエアラインズ」で今年度も9月1日〜2014年3月31日まで、「空行け!九州キャンペーン」としてプロジェクトを実施。参加航空会社、九州内の主要空港ビル及び九州各県の協力を得て、九州往復航空券、九州特産品のプレゼントや国内各地でのイベントなどを行う。

また、九州を代表するアイドルグループHKT48や、各県のゆるキャラがキャンペーンサポーターに就任。九州への更なる観光需要の拡大に向けた、官民一体・九州一丸の取り組みとなっている。

キャンペーンロゴには、「航空機(空)で九州へ!」と「九州へ気軽に、そら行こうよ!」を掛け合わせ、明るく元気で楽しい旅のイメージを狙っているという。プロジェクトの詳細などはホームページを参照。

「よかよかエアラインズ」を構成する航空会社

日本航空、日本エアコミューター、日本トランスオーシャン航空、全日本空輸、スカイネットアジア航空、スターフライヤー、オリエンタルエア ブリッジ、天草エアライン、フジドリームエアラインズ、アイベックスエアラインズ、スカイマーク、ジェットスター・ジャパン、エアアジア・ジャパン、Peach Aviation