千葉県船橋市“非公認”ゆるキャラ「ふなっしー」暴露本発売に

千葉県船橋市の“非公認ゆるキャラ”として今年大ブレイクを果たした「ふなっしー」が、自身の暴露本を9月20日に富士見書房から発売します。

【関連:ゆるキャラ「ふなっしー」着信ボイスがランキングTOP4を独占】

ふなっしー公式本


本のタイトルは「ふなっしーの本なっしー」。本書ではかねてより囁かれていたふなっしーに関する数々の秘密が明かされており、有名な話では「ふなっしーの赤いリボンは返り血で染まった」というのは実は嘘であり、「赤いリボンは蛾がとまっているだけ」ということ。そして驚くべきことに「青い洋服はナウシカのオウムの体液で染められている」という衝撃告白も紹介されています。

ただし、ふなっしーにはかねてから「虚言癖」が囁かれており、その確率は本書の紹介では27.4%。そのため、今回本人から飛び出した衝撃告白の数々も世間から注目を集めるための「炎上マーケティング」の一つではないかと考えられています。

「ふなっしーの本なっしー」は9月20日発売。価格は1050円(税込)。
ふなっしーの秘密の暴露の他に、迷言や解剖図も収録されています。

【ふなっしー】
千葉県船橋市の“非公式ゆるきゃら”。今年テレビCMに起用されるや、瞬く間に“ゆるきゃら”界のスターダムを駆け上がり、現在では全国区の人気を誇っている。