国内女子ツアー通算6勝を挙げているプロゴルファー茂木宏美が懐妊したことを報告した。これは茂木のマネージメントをしているランダムアソシエイツが発表したもので現在、妊娠4か月が経過しているという。
茂木宏美のゴルフを支え続けた家族の存在
 茂木は今季の国内女子メジャー「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」で初のメジャータイトルを獲得、賞金ランキングも8位につける活躍を見せている。今後も体調を見ながらトーナメントに出場していく意向とのことだ。
以下は茂木宏美のコメント

 私、プロゴルファー茂木宏美は、この度、新しい命を授かりました。嬉しい気持ちで胸が一杯です。現在妊娠4か月、出産は来年2月上旬を予定しております。これまで以上に夫婦で力を合わせ、お腹の中の尊い命を精一杯守っていきたいと思います。皆様には今後とも温かく見守って頂けますと幸いです。
 今後は体調を見ながらになりますが、来週のNEC軽井沢から試合に復帰させて頂きます。そして出産後も、またトーナメントプレーヤーとして試合に復帰したいと思っています。目標は家族三人で優勝を分かち合う事です。その目標に向かってこれからまた精一杯頑張ります。
<ゴルフ情報ALBA.Net>