写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ゆうちょ銀行は5日、投資信託商品ラインアップに新たな商品を追加した。

このたび加わる新商品の中でも、ファンド側で市場環境に合わせて資産配分をリバランスしてリスクを低減しながら長期的な収益の積み上げを目指すリスクコントロール型ファンド「スマート・ファイブ」は、2014年1月から開始される少額投資非課税制度(NISA)を機に投資を始める人にぴったりのファンドだという。そのほかにも単一国に投資するファンドなどの新商品も加わり、顧客の選択の幅が一段と広がったとしている。

さらに、これまでゆうちょ投信WEBプレミア専用ファンドとして取り扱っていた9商品について、店頭やゆうちょダイレクト(インターネットサービス)での販売も開始した。

ゆうちょ銀行は今後とも、顧客の多様化する資産運用ニーズに応えることができるよう、商品ラインアップの充実とサービスの向上に努めていくとしている。

(金野和子)