写真提供:マイナビニュース

写真拡大

岩手県の久慈市観光物産協会は、9月末までベテラン海女と高校生海女クラブによる素潜り実演を公開しており、8月11日〜18日までの期間限定で「アマリンカフェ」をオープンする。

○「海の家」をイメージした喫茶店

高校生海女クラブは、同協会が海女の後継者育成のために設立した。現在は地元の高校生14名が所属し、夏休みを中心にイベント参加などをしている。

海女による素潜り実演は、9月末までの土日祝日(午前2回、午後1回)に行われる。平日は完全予約制で、10名以上の団体客のみ受け付けている。見学料は500円で、高校生海女クラブが登場する実演は8月18日までの土日限定。詳細は同協会Webサイトで確認できる。

アマリンカフェは、「海の家」をイメージした手作り感のある喫茶店で、高校生海女クラブがもてなしをする。メニューには、海をイメージした「海女じぇり〜」(250円)、岩手県の名産である"のだ塩"を使った「海女アイス」(150円)、「海女スコーン」(120円)などがある。場所は、道の駅くじ やませ土風館内で、営業時間は10時〜15時。