<男子世界ランキング>
 最新の世界ランキングが発表され、「WGC-ブリヂストン招待」で今季5勝目を飾った世界ランク1位タイガー・ウッズ(米国)が2位との差を約5.6ptまで広げている。また同大会で2位タイとなったキーガン・ブラッドリー(米国)が10位に、同じく2位タイのヘンリック・ステンソン(スウェーデン)が11位に浮上した。
 日本勢では「WGC-ブリヂストン招待」で21位タイに入った松山英樹が前週と同じ33位をキープ。また同大会の裏で行われた「リノ・タホ・オープン」に参戦した石川遼は、予選突破できず世界ランクを163位に後退させた。そのほかの日本勢では、藤田寛之が89位、谷口徹が156位となっている。
【男子世界ランキング】
1位:タイガー・ウッズ(14.19pt)
2位:フィル・ミケルソン(8.56pt)
3位:ローリー・マキロイ(8.32pt)
4位:ジャスティン・ローズ(7.60pt)
5位:アダム・スコット(7.44pt)
6位:マット・クーチャー(6.64pt)
7位:ブラント・スネデカー(6.59pt)
8位:グレアム・マクドウェル(5.94pt)
9位:ルーク・ドナルド(5.40pt)
10位:キーガン・ブラッドリー(5.10pt)
11位:ヘンリック・ステンソン(5.09pt)
33位:松山英樹(3.13pt)
89位:藤田寛之(1.82pt)
156位:谷口徹(1.12pt)
163位:石川遼(1.09pt)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
T・ウッズ、盤石の逃げ切りで今季5勝目!松山は21位タイフィニッシュ
松山英樹は21位タイに落としてフィニッシュ「ショットがひどい状態」
遼、大乱調でポイント失い111位で予選落ち…シード確保へ崖っぷち続く
「WGC-ブリヂストン招待」の結果はここから!
各ツアーの賞金ランキング