要潤が上島竜兵伝統芸に興奮、「タイムスクープハンター」イベント。

写真拡大

NHKの人気ドキュメンタリードラマ風歴史教養番組「タイムスクープハンター」の映画化作品で、8月31日より全国公開される「劇場版タイムスクープハンター 安土城 最後の1日」。そんな本作のヒット祈願イベントが8月5日、東京・神田明神で行われ、主演の要潤をはじめ、監督・キャストが出席した。

この日、社殿の外の参道には、監督・キャストの前に、約500キロの氷でできた安土城が登場。主演の要が赤い(いちご味)シロップを上からかけ入れ、史実にちなみ“炎上”を表現した。また、劇中衣装で着物を着用している上島竜兵に、司会から「せっかくなので(氷の城を)かぶりついてみませんか」と促されると、「そんなことできるかよ」と反論。すると、要、夏帆、時任三郎、中尾浩之監督に続き、上島が「では、私が」というと、上島以外の全員で「どうぞ、どうぞ」とお約束の流れで周囲を和ませ、キャストの面々も「大尊敬しているので光栄です!」と、初めて目の前で見た伝統芸に興奮していた。

会見で作品について聞かれた要は「『タイムスクープハンター』はシーズン5とあしかけ6年の集大成です。思い入れの深い作品ですので、たくさんの人に見てもらいたいです。僕以外のキャストのみなさんは、リハーサルなしの独特な撮影方法に不安を抱えていらっしゃいましたが、半日もしないうちに慣れて素晴らしい役者さんだと思いました」とコメント。夏帆は「やることをやって本当に面白い作品になりました」、時任は「歴史ある作品に参加できて光栄です」、上島は「テレビシリーズのファンだったので出れて光栄です。完成した映画は、壮大でスケールが大きくて音楽も素晴らしく感動しております」、監督は「素晴らしいキャスト・スタッフに恵まれて映画が完成しました。面白い作品に仕上がったので一人でも多くの人に見てもらいたいです」と、それぞれ作品への想いを語った。

作品にちなみ、「タイムワープで好きな時代に行けるとしたら?」との質問には、要は「歴史に詳しくないので(笑)、恐竜時代に行きたいです」、夏帆は「バブルの時代ですね。ちょうどバブル崩壊の年に産まれたので」、時任は「100〜200年先に行ってみたいです」と三者三様。そして上島は「今を生きることで精一杯ですよ。んー、デビュー当時に行って寺門はいれないようにしますね(笑)」と毒づいた。

さらに「好きな歴史上の人物は?」と聞かれた要は「歴史に興味がございませんので(笑)。唯一興味があるのが土方歳三でしょうか」と、改めて歴史への無関心を強調。時任も「歴史に興味がございませんので(笑)。自分が演じたことのある浅井長政は興味ありますね」と続いた。上島も「織田信長。なんかたけしさんみたいだから(笑)」と適当だ。

この日は劇中衣装を着用してのイベントとなったが、衣装についての感想を聞かれると、要は「パイロット版からの変化を感じ、今回が一番気に入っていますね」とご満悦。夏帆は「自分がタイムワープ社の衣装を着ているなんて嬉しいです。劇中の見所はセーラー服ですね」とアピールした。


☆完成披露試写会も実施

同日、明治安田生命ホールでは、ヒット祈願イベントに参加した面々に竹山隆範を加えて完成披露試写が行われた。

客席中央から登場した要潤扮するタイムスクープハンター沢嶋が、2013年8月5日にタイムワープしてきたと想定し、客席に密着取材。竹山からの「早く!」という掛け声とともに緞帳が上がると、舞台には、夏帆、時任、上島、竹山、中尾監督が劇中衣装で登壇していた。

要は、テレビシリーズが始まった当初から「いつかは映画になったらいいね」と監督と話していたこともあり、ようやく映画になったことにしみじみ。今回の劇場版でタイムスクープハンターに参戦した夏帆は「とにかく現場のスピードが速くて驚きました」と、リハーサルなしの現場に圧倒され、「すごく臨場感がでています」と特殊な撮影現場の良さをアピールした。

同じく初参戦の時任も「自分は殺陣が得意じゃないのですが」と言い、監督からの特殊な交渉術によっていつの間にか出演していたと告白。竹山は「この番組のファンだった。公言してなかったのに、いつのまにか出演していた」喜びいっぱいのコメント、本格派俳優として挑む上島は、監督から褒められながら気持ちよく撮影したと言いつつも「竜ちゃん、すごいよ!サイコー!もう一回お願いします!」とオチのある撮影現場でのエピソードを明かした。

「劇場版タイムスクープハンター 安土城 最後の1日」は、8月31日(土)より、新宿ピカデリー他全国ロードショー。