写真提供:マイナビニュース

写真拡大

山口県ふるさとまつり実行委員会は8月6日・7日に、山口市中心商店街やパークロード、竪小路、湯田温泉にて「山口七夕ちょうちんまつり」を開催する。

○日本三大火祭りのひとつ

同イベントは、日本三大火祭りのひとつ。室町時代に守護大名の大内盛見が先祖の冥福を祈るため、お盆の夜に笹竹の高灯籠に火を灯したのがはじまりと伝えられている。

今年も山口市中心商店街などに、紅ちょうちんのトンネルが誕生。長竿竹1本に約40個の紅ちょうちんを付けて飾るものだが、アーケード内でろうそくに火が灯されるのは全国的にも珍しいという。8月6日・7日の19時から中心商店街、パークロード、堅小路で開催。7日は湯田温泉街、錦川通り、湯の町通り、足湯で19時30分から開催する。

約800個のちょうちんを飾った高さ15メートルの"ちょうちんツリー"は、6日に市役所前庭に登場。提灯御輿(みこし)は、県道204号線、パークロードに巡行する。7日には約500個のちょうちんに「山口」の文字が浮かび上がる"すだれちょうちん"(市役所東門付近)を見ることができる。

ちょうちん以外にも、yab舞楽祭2013(6日)、県警音楽隊(6日)、DANCE WAVE MINAKOI のんた(7日)などのパフォーマンスも楽しめる。両日とも、新亀山公園ふれあい広場にはレストコーナーも設ける。

詳細は、山口七夕ちょうちんまつり公式サイトで案内している。

(フォルサ)