「99%UVカット」ガラスを搭載した新型「eKワゴン」

写真拡大

いつの間にか、右腕だけ日焼けしている――日差しが強い夏、特に女性ドライバーに気がかりなのは紫外線のようだ。

女性ドライバー5000人に聞いた「カーライフ実態調査2013」(三菱自動車調べ)によると、「運転中に感じるストレス」として、60.8%の女性が「陽射し・まぶしさ」、41.9%が「紫外線・日焼け」をあげており、じつに93%の女性が「運転中の紫外線が気になる」と答えている。

「日焼け止めつけて運転」は、女性ドライバーの85%近く

では対策は、と言っても、クルマを運転するときにできる日焼け止め対策は、じつはあまり多くない。フロントガラスや左右のドアガラス、リヤウインドーにスモークフィルムを貼ったり、車内にカーテンやブラインドなどの遮光物を取り付けたりすることは、法律で禁じられている。ドライバーの視界の妨げになるからだ。

実態調査では、運転時の日焼け止め対策に、84.6%の女性が「日焼け止めを使用している」と回答。74.0%が「手袋、アームカバーを着用している」と答えた。

運転する時間は短いから大丈夫――という油断から、「気がついたら焼けていた」という「うっかり日焼け」をしてしまう主婦も少なくない。ふだんから近所のスーパーなどへの買い物や、夫や子どもの通勤・通学の送り迎えと、1回に利用する時間は短いものの、たびたび使うケースが多いことがその理由だ。ドアのガラスなどを通じて入ってくる紫外線に、多くの主婦が「どうにかならないの」と思っていたに違いない。

そんななか、三菱自動車がフロントドアガラスに、同社として初めて「99%UVカット」ガラスを使った新型「eKワゴン」が登場した。2013年6月6日から販売している。

女性に気配りの車内空間も、人気に「ひと役」

新型「eKワゴン」は、1リットルあたり29.2キロメートル(JC08モード燃料消費率)の優れた燃費性能に加え、後方をケアするリヤビューモニターをはじめ、整理整頓できる、こだわり収納など、女性の気になることに応えたクルマに仕上がっている。それにより、発売1か月で累計受注台数が1万8000台(7月7日時点)を突破し、しかも購入者の約5割が女性と、人気を博している。

前出の調査結果にもあるが、「じつは主婦にとって車内は一人になれる時間でもあり、リラックスできる空間なんです」と、三菱自動車商品企画部エキスパートの鴛海尚弥(おしうみ・なおや)氏は話す。

「快適な車内空間の提供」という、女性へのちょっとした気配りが人気を下支えしているともいえそうだ。

「ちょっとした外出や、おしゃれしてママ友とランチというとき、クルマを運転するのに帽子をかぶり、アームカバーをするのはせっかくのおしゃれが台無しです。新型『eKワゴン』であれば、おしゃれなままスマートに運転できます」と、鴛海氏は売れ行き好調の理由を分析している。