「強さ」から「着る」デザインへ White Mountaineeringがウィメンズ発表

写真拡大

 デザイナー相澤陽介が手がける「White Mountaineering(ホワイトマウンテニアリング)」から、ウィメンズコレクションがデビューした。2014年春夏のファーストコレクションは主にメンズウェアを元にデザインされ、東京で開催された展示会で初公開。2011年春夏シーズンから展開してきたウィメンズブランド「poral.(ポーラル)」は2013年春夏コレクションをもって休止しているが、「White Mountaineering」メンズコレクションはヨーロッパでの発表を機に海外展開が拡大しているという。

ホワイトマウンテニアリングがウィメンズ発表の画像を拡大

 「White Mountaineering」のブランドコンセプトは「服を着るフィールドは全てアウトドア」。東京で7シーズンに渡ってショーを開催したのち、前シーズンはイタリアのメンズ見本市「Pitti Immagine Uomo(ピッティ・イマージネ・ウオモ、以下ピッティ)」でランウェイショーを開催した。2014年春夏コレクションはショーを行わず、ミラノ・パリ・東京の展示会をベースに発表。メンズコレクションは「VOYAGER」をテーマに、旅の出発地から目的地まで、ビジネスやリゾートなど様々なシーンで対応する旅行者のためのウェアやアクセサリーが発表された。リラックスウェアとしてパジャマも展開する。スペックを極めた「BLK」ラインは新たに「White Mountaineering」のブラックタグのコレクションとして発表され、またリアルクローズの「Wardrobe(ワードローブ)」ラインも加えてミックススタイルを提案する。

 ウィメンズのデビューコレクションは、ウェアやアクセサリーなど約20型。「ウィメンズサイズの要望が多かった」という」機能素材のアウターをはじめ、シャツやサッカニーのスニーカーなど約7割はメンズコレクションのデザインや素材を落とし込み、女性向けにアレンジしている。メンズでも使用しているボタニカル柄がポイントのシャツやクラッチバッグなど、カジュアルでさりげない女性らしさが特徴だ。メンズ・ウィメンズ共に2014年1月末から順次発売が予定されている。

 「自然体でデザインできた」という相澤陽介は、「これまでショーで見せてきた『強さ』の意識から、より『着る』という意識になっている。テクニカルもカジュアルもあって、メンズのいい部分をウィメンズに活かして、いろいろクロスできるWhite Mountaineeringらしいシーズンになっていると思う」と話す。「ピッティ」で知名度が上がったこともあり海外展開が本格的にスタートし、さらにフィールドが拡大している。


■最新コレクション
・White Mountaineering ウィメンズのデビューコレクション
 http://www.fashionsnap.com/collection/white-mountaineering/womens/2014ss/

・White Mountaineering 2014年春夏メンズコレクション
 http://www.fashionsnap.com/collection/white-mountaineering/2014ss/