<リノ・タホ・オープン 最終日◇4日◇モントレーゴルフ&カントリークラブ(7,472ヤード・パー72)>
 米国男子ツアー「リノ・タホ・オープン」の最終日。トータル37ポイント単独首位からスタートのゲーリー・ウッドランド(米国)が、トータル44ポイントで逃げ切り優勝を飾った。前日16ポイントを奪い単独首位に立ったG・ウッドランドは、この日4バーディ・1ボギーと安定したゴルフを展開。順調に7ポイント伸ばし、2位に9ポイント差をつけツアー2勝目を挙げた。
 2位タイにはジョナサン・バード(米国)とアンドレス・ロメロ(アルゼンチン)の2人がトータル35ポイントで並んだ。トータル33ポイント単独4位にブレンダン・スティール(米国)、トータル32ポイント5位タイにはデッキー・プライド(米国)とデビッド・マティス(米国)がつけた。
 68位タイからスタートの今田竜二は、この日5バーディ・2ボギー・2ダブルボギーと出入りの激しいゴルフながら、2ポイント加算、トータル8ポイントにした。しかし、多くの選手がポイントを伸ばしたため順位をあげることができず68位のまま最終日を終えた。
【最終結果】
優勝:ゲーリー・ウッドランド(44pt)
2位T:ジョナサン・バード(35pt)
2位T:アンドレス・ロメロ(35pt)
4位:ブレンダン・スティール(33pt)
68位:今田竜二(8pt)
【ポイント配分】
ダブルイーグル  8点
イーグル     5点
バーディ     2点
パー       0点
ボギー      -1点
ダブルボギー以上 -3点
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
T・ウッズ、盤石の逃げ切りで今季5勝目!松山は21位タイフィニッシュ
松山英樹は21位タイに落としてフィニッシュ「ショットがひどい状態」
G・ウッドランドが2位に7ポイント差をつけ単独首位に!今田竜二68位で最終日へ
「WGC-ブリヂストン招待」の結果はここから!
各ツアーの賞金ランキング