写真提供:マイナビニュース

写真拡大

暗闇でのエンターテインメントなどを行うダイアログ・イン・ザ・ダーク・ジャパンは、9月1日まで東京都渋谷区で真っ暗な中での夏祭り第2回「東北の夏〜祭り〜」を開催している。

○暗闇の中を探検

ダイアログ・イン・ザ・ダークは、1988年にドイツで生まれたイベントで、日本では1999年から行われている。参加者はグループを組んで完全に光を遮断した空間に入り、暗闇のエキスパートであるアテンド(視覚障がい者)のサポートのもと、中を探検して様々なシーンを体験する。

今回のテーマは昨年の特別企画第1回に続き、東北の夏祭りとなっている。真っ暗な中で東北を感じ、今の東北に何ができるのかを考えることが目的。

場所はDIALOG IN THE DARK TOKYO会場(東京都渋谷区神宮前2-8-2 レーサムビルB1階)。参加費は大人5,000円、学生3,500円、小学生は夏休み特別価格で500円(通常2,500円)で、完全事前予約制となっている。1ユニットは8名。予約などの詳細は、同社Webサイトで確認できる。