写真提供:マイナビニュース

写真拡大

京成グループの京成トランジットバスがこのほど、「京成パンダ」を車体に描いた路線バスを運行開始した。

「京成パンダ」は、京成電鉄の発行する「京成カード」のキャラクター。京成トランジットバスで使用される「京成パンダ」は、同社のバスの運転士の服装をしているのが特徴。

「京成パンダ」路線バスは現在、浦安線(本八幡駅〜浦安駅間)、行徳線(妙典駅〜行徳駅間)、大洲線(本八幡駅〜市川駅間)の3路線で、1台限定で運行。同社によれば、「『京成パンダ』デザインのバスをきっかけに、『京成トランジットバス』をご利用いただき、バスの便利さ、楽しさ、必要性を感じていただくことが目的」とのこと。

(佐々木康弘)