冷蔵庫開けっ放しで電気代数万円!?家電にまつわる「都市伝説」について調べてみました

写真拡大

冷蔵庫や洗濯機、テレビやパソコンなど、私たちの身近にある電化製品。これらには、都市伝説のようなうわさがいくつかあります。

【あなたの地元の都市伝説はどんなものがある】

例えば、「冷蔵庫の扉を開けっ放しにしていたため、余計に電力を消費してすごい電気代になってしまった」、または「パソコンの中は暖かいので冬になると虫が入り込む」などです。こうしたうわさは本当なのでしょうか?

■開けっ放しでもそこまで電気代はかからない

まず、冷蔵庫の扉を開けっ放しにしていた場合、本当にものすごい電気代がかかってしまうのでしょうか?

電器店の方に聞いたところ、答えは「開けっ放しでもそんなに電気代は増えない」でした。

というのも、最近の冷蔵庫は扉が開くとコンプレッサーなど冷却機能が止まる仕組みになっているそうです。これは開けっ放しの状態になった際、コンプレッサーが冷却し続けて壊れてしまうのを防ぐため。電力を使うコンプレッサーが動かないので、電気消費量は大きく増えません。

ただし、扉を閉めると元の温度まで急速に冷却しようとするので、その分の電気代は増えるそうです。また、扉が開いている間の室内灯(庫内灯)の電力分もわずかですが加算されます。

それでも「1人用の冷蔵庫なら1日開けっ放しでもウン万円なんて請求が来ることはない」とのことでした。

ただし、冷蔵庫の中には扉が開けっ放しでもコンプレッサーが止まらないものもあるそうで、その場合はもう少し電気代が加算されるそうです。

いずれの場合も、目玉が飛び出るほどの電気代が請求されることはないみたいですね。

■暖かい家電の中は絶好のすみか

次に、「冬になるとデスクトップパソコンの中にゴキブリなどの虫が入る」というもの。

これについて電器店の方に聞いてみたところ、「パソコンだけでなくいろんな電化製品にゴキブリは侵入する」とのこと。

電化製品は稼働することで暖かくなるので、夏冬にかかわらずゴキブリが入り込むそうです。例えば、パソコンの場合はすき間から小さなゴキブリが入り、そのまま成長。中で卵を産んだりすることもあるとか……。テレビの中にもゴキブリが侵入することがあるそうです。

また、この時期はエアコンの中にゴキブリが侵入することも。ある日エアコンを作動させたら送風口からゴキブリがポトリ……恐ろしい話です。こうならないためには、室内を清潔にして防虫をしておくしかないそうですので、悲劇が起こる前にしっかり対策をしておきましょう。

■家電はたたくと直る?

最後に、「家電はたたくと直る」という実にアナクロなうわさについて聞いてみました。

その答えは「時と場合による」そうです。

接触が悪くなったりして動かなくなった場合は、たたくことで接触部分が改善される場合もあり、昔のテレビなどもたたくことで接触不良が解消されて映るようになっていたのだとか。

ただ電器店としては「バシバシたたいてさらに壊れる前に修理に持ってきてほしい」とのことでした(笑)。

(貫井康徳@dcp)