「ドコモ タブレット AQUOS PAD SH-08E」

写真拡大

NTTドコモは2013年8月2日、省電力ディスプレイIGZOを搭載したSHARP製7インチタブレット「ドコモ タブレット AQUOS PAD SH-08E」を発売した。

「フルセグ」の視聴・録画も可能

新たなディスプレイ技術「IGZO」により、電力消費を大幅に節約することに成功した。4200mAh(ミリアンペア時)の大容量バッテリーも合わさって、想定される実使用時間は81.3時間となった。さらに、バッテリー消費に関する項目を簡単に設定できる「エコ技」機能を搭載している。

7インチWUXGA(1200×1920)の高解像度ディスプレイでワンセグよりもさらに高画質な「フルセグ」の視聴・録画も可能。同梱の卓上ホルダに別売のTVアンテナケーブルを接続することで家庭用の電波環境を受信でき、プライベートテレビとしても使える。

また、地図やWebページ、ロック画面など見ている画面にすぐに直接手書きできるオリジナルアプリ「書(かく)」ノートを搭載。書きこんだ内容は、後から検索したり、PDFに変換してメール添付したりするといった活用もできる。

「7インチのディスプレイで片手持ち」を両立するためにディスプレイ周辺のフチを少なくし、高さ約190ミリ、幅107ミリ、厚さ9.9ミリというサイズに抑えた。重さも288グラムと軽量。

詳細はドコモの製品ページから確認できる。