不妊解明に期待 京大の研究で

ざっくり言うと

  • 4日、生殖細胞に必要な3種類の遺伝子を発見したと京大教授らが発表した
  • 精子ができないマウスの精巣に生殖細胞を注入すると10週間後に精子ができた
  • 不妊症の原因を解明するのに役立つと期待されている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング