●金曜倶楽部

(画像:「有頂天家族」公式Webサイトより)
©森見登美彦・幻冬舎/「有頂天家族」製作委員会

●キャスト
下鴨矢三郎:櫻井孝宏
下鴨矢一郎:諏訪部順一
下鴨矢二郎:吉野裕行
下鴨矢四郎:中原麻衣
弁天(鈴木聡美):能登麻美子
母:井上喜久子
下鴨総一郎:石原凡
海星:佐倉綾音
赤玉先生:梅津秀行
夷川早雲:飛田展男
金閣:西地修哉
銀閣:畠山航輔
淀川教授:樋口武彦
岩屋山金光坊:清川元夢

●ストーリー
下鴨神社、糺ノ森に暮らす下鴨家。狸界の頭領であった父・総一郎は、ある日何の前触れもなく狸鍋にされたのだが、その経緯は今も謎に包まれていた。 

残された四兄弟のなかでも偉大な父の「阿呆の血」を色濃く継いだ三男・矢三郎は、生真面目だが土壇場に弱い長兄・矢一郎、蛙の姿で井戸にこもっている次兄・矢二郎、臆病ですぐに尻尾を出す末弟・矢四郎、そしてタカラヅカ命の母に囲まれて、「面白きことは良きことなり」を身上に、それなりに楽しく暮らしている。

隠居中の大天狗・赤玉先生の世話を焼いたり、神通力を得た人間の美女・弁天に振り回されたり、はたまた五山送り火の夜空で宿敵・夷川家と空中決戦を繰り広げる日々の果てに、突如下鴨家を襲う絶体絶命の危機!父が鍋にされた真相が明らかになるなか、固い絆で結ばれた一家の運命はいかに!
●金曜倶楽部
我等狸の天敵である金曜倶楽部、何故天敵なのかと言えば、

毎年1度、狸鍋をするから!

そして名狸であった下鴨総一郎の人(狸)生も金曜倶楽部の狸鍋であっけなく終焉を迎えたのです。
●下鴨矢三郎逃亡記
前回、弁天から借りた奥座敷を壊してしまったため京都から大阪まで逃げてきた下鴨矢三郎。しかし、弁天も時折大阪まで遊びにくるわけで…。

母「弁天様の事よね。矢一郎が赤玉先生にとりなしてもらうように動いているけど…。」
下鴨矢三郎「兄上の力を借りずとも、会ってみたら一切水に流しているかもしれぬ。」


※母、ボンクラな息子を心配しているご様子。
●下鴨矢三郎捕物帳
下鴨矢三郎「海星か?」

京都に戻って来た下鴨矢三郎。海星は彼を心配しつつも、彼のあまりの不甲斐無さに早く大阪へ戻る事を勧めますが、

店主「弁天様のご来店である!」

下鴨矢三郎、達磨に化けるも弁天の煙草の煙に巻かれ咳払い。

弁天「お久しぶりね、矢三郎!」

当然ながら弁天は下鴨矢三郎をそのまま拉致する事に!

金曜倶楽部で芸を披露する羽目になる下鴨矢三郎。
●余興
弁天「すき焼きはお好き?」

弁天は下鴨総一郎を食したときの味を思い出すも…。下鴨矢三郎にとっては耳の痛い話です。

ちなみに金曜倶楽部のメンバーはそれぞれ京都の経済界で有名な面々。

下鴨矢三郎「では、そろそろ余興に入りましょう!」

下鴨矢三郎は得意の変化を見せ、最後に弁天に化けたうえ服を脱ぎ始めると、

弁天「あんまり調子に乗っていると喰ってしまうわよ!」

余興中止!とは言え概ね好評だったようで…。

※しかし、来月の忘年会では狸鍋の話も…。
●食べちゃいたいほど好きだから!
以前、布袋が助けた狸。雨の日に彼が救った狸ですが「雷を怖がる」というところから母の事だと認識する下鴨矢三郎。

布袋「食べちゃいたいほど好きなんだ、僕は!」

※ここに母を連れてきたら間違いなく狸鍋になります!

夜、弁天と金曜倶楽部を抜け出す下鴨矢三郎。

弁天「お月様が欲しいな、矢三郎!」

※それば無理です!

弁天と下鴨矢三郎は秘密の酒場で乾杯!2人の仲は満更でもない様子。しかし、彼はいずれ彼女に食べられてしまうでしょう!

それは彼女は彼を「食べちゃいたいほど好き」だから!

「有頂天家族」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】


【関連記事リンク】
【アニメ】「有頂天家族」第4話「逃げの矢三郎」(ネタばれ注意)
【アニメ】「有頂天家族」第3話「空飛ぶ奥座敷」(ネタばれ注意)
【アニメ】「有頂天家族」第2話「狸の母、雷に怯える!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「有頂天家族」第1話「金曜倶楽部の弁天」(ネタばれ注意)
【アニメ】「じょしらく」第7話「やんきいつきじなくそみそてくにっく」(ネタばれ注意)
▼外部リンク

「有頂天家族」TVアニメ公式Webサイト