(CAP) 「C63 AMG Edition 507」

写真拡大

メルセデス・ベンツ日本は2013年8月1日、Cクラスの「C63 AMG」(セダン/ステーションワゴン/クーペ)に、専用のチューニングを施した「C63 AMG Edition 507」を追加し発売した。

レースタイマー機能装備

「C 63 AMG Edition 507」は、AMG独自開発の6.3リッターV8エンジンを搭載し、最高出力507馬力、最大トルク610Nm(ニュートン・メートル)、0-100km/h加速4.3秒を達成した。ブレーキには、AMGレッドブレーキキャリパーがアクセントとなる専用設計のAMG強化ブレーキシステムを採用。

エクステリアは、専用デザインの19インチAMGクロススポークアルミホイール、フロントグリルのフレーム部分、LEDドライビングライトをマットブラック仕上げとした。

インテリアは、レースタイマー機能を備えたAMGメーターパネルにレッドラインでアクセントが加えられ、12時の位置にセンターマーキングを配した専用AMGパフォーマンスステアリング、AMGアファルターバッハエンブレムがあしらわれた専用シルバーシフトノブを備えた。また、AMGスポーツシートの素材にはdesignoナッパレザーのほか、designoナッパレザー/DINAMICAを選ぶことができる。

メーカー希望小売価格は「C63 AMG Edition 507」が1210万円、「C63 AMG ステーションワゴンEdition 507」が1230万円、「C63 AMG クーペEdition 507」が1220万円。