写真提供:マイナビニュース

写真拡大

箱根登山鉄道は、神奈川県の小田原駅から強羅駅までを結ぶ本格的山岳鉄道。現在は小田原〜箱根湯本間で小田急ロマンスカーなどが行き交い、箱根湯本〜強羅間で登山電車が走っています。2014年秋には新型車両3000形もデビューするそうで、先日、デザインと概要も発表されました。新型車両の導入は1989(平成元)年以来、25年ぶりとのこと。

今回は箱根登山鉄道の新型車両導入を記念する意味も込めて、いまから38年前、1975(昭和50)年に撮影した、昭和の時代の箱根登山鉄道の写真を紹介しましょう。

日本を代表する温泉観光地のひとつ、箱根への足となる箱根登山鉄道は、登山電車特有の急勾配とスイッチバックに加え、3線軌条も有名な路線です。

1975年当時の箱根登山鉄道は、吊掛式モーターを搭載した、いかにも登山電車らしい古いスタイルの車両ばかりでした。中には1919(大正8)年の開業時に製造された木造ボギー車の車体を乗せ替え、足回りを改造・更新して使用されていた車両もありました。それがモハ1形のトップナンバー101(写真1・2)です。同車両は2002年に廃車となりましたが、同族のモハ1形4両はいまも現役で活躍中です。

一方、当時もいまも変わらないのが、箱根登山鉄道名物のスイッチバック。それと3線軌条も、規模は縮小されたものの、現在も残っています。かつて小田急の電車が乗り入れる小田原〜箱根湯本間が3線軌条の区間となっていましたが、その後の運行形態の変更により、現在は登山電車の検車区がある入生田〜箱根湯本間のみ残されています。3線軌条が廃止された小田原〜入生田間は、自社車両が走行しない区間となっています。

筆者は1975年当時、この3線軌条やスイッチバックを、モハ2形109に乗車しながら撮影していました。写真の下側に写り込んでいる丸いものは、ハンドブレーキです。

終点の強羅駅は当時、1面1線のホームを前後に分けて、降車用・乗車用として使用していました。同駅へ列車が到着すると、まずホームの箱根湯本方の降車ホームに停車して客扱い。その後、ドアを閉じて終端の乗車ホームへ移動した後、上り列車となっていました。列車が出発する際、降車ホームを通過するのかと思いきや、渡り線を使用して側線を通過し、箱根湯本・小田原方面へ旅立っていきました。

撮影当時、強羅駅にはピカピカの新車もいました。事業用車のモニ1形(写真11)です。まるで無蓋車に運転室を取り付けただけのような強羅の主、モニ1形。1975年に製造された同車両の新製時の塗装は、電動貨車らしく質実剛健を地で行くようなグレー1色でした。しかし近年になって、オレンジ色に塗り替えられたようです。

○「鉄道懐古写真」撮影時期と撮影場所

※写真は当時の許可を取って撮影されたものです

松尾かずと

1962年東京都生まれ。

1985年大学卒業後、映像関連の仕事に就き現在に至る。東急目蒲線(現在の目黒線)沿線で生まれ育つ。当時走っていた緑色の旧型電車に興味を持ったのが、鉄道趣味の始まり。その後、旧型つながりで、旧型国電や旧型電機を追う"撮り鉄"に。とくに73形が大好きで、南武線や鶴見線の撮影に足しげく通った

(松尾かずと)