17位タイで3日目を終えた松山(Photo by Gregory ShamusGetty Images)

写真拡大

<WGC-ブリヂストン招待 3日目◇3日◇ファイアストーンCC(7,400ヤード・パー70)>
 トータルイーブンパーの19位タイからスタートした松山英樹は4バーディ・4ボギーの“70”とスコアを伸ばせなかったものの順位は17位タイに浮上。来季のシード権獲得へ当確ランプのつく10位以内フィニッシュを狙える位置で最終日を迎える。
ブリヂストン招待3日目のリーダーズボード
 松山らしい修正力を見せたラウンドだった。この日は3番でボギーが先行すると前半はショットに苦しみ4番、6番と立て続けにボギー。3つスコアを落とす苦しい展開でハーフターンした。
 それでも10番で右ラフから約150ヤードをピンに絡めてバーディを奪うと、「後半になってからは、ショットが間違いなく当たり始めた」と14番、16番、17番と立て続けにバーディを奪ってカムバック。最終18番のボギーを悔しがったものの、悪い流れを断ち切って上位に喰らいついた。
 後半復調したショットに関しては「何とも言えない」とまだ完全復調とまではいっていないが、「ひとつ良かったのはラフからのアプローチうまく打てたので、それをまた明日も続けられるようにしたい」と苦しい中でも一定の手ごたえを得た。
 「今日は全然チャンスについていないので、明日はショットがカギになる」。独走するタイガー・ウッズ(米国)には届かなくとも、上だけを見据えて最終日チャージをかける。
【3日目の順位】
1位:タイガー・ウッズ(-15)
2位:ヘンリック・ステンソン(-8)
3位T:ジェイソン・ダフナー(-7)
4位T:クリス・ウッド(-6)
4位T:ビル・ハース(-6)
4位T:ルーク・ドナルド(-6)
7位T:ミゲル・アンヘル・ヒメネス(-5)
7位T:キーガン・ブラッドリー(-5)
17位T:松山英樹(E)他
64位T:小平智(+10)他
71位:谷口徹(+17)
<ゴルフ情報ALBA.Net>