写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(以下USJ/大阪市此花区)は9月13日〜11月10日に、「ユニバーサル・サプライズ・ハロウィーン」を期間限定で開催する。

○「貞子」がアトラクションに呪いをかける!?

USJの秋限定イベントのテーマはハロウィーンで、期間中の金・土・日・月と10月31日の18時からは、「ハロウィーン・ホラー・ナイト」を開催する。

今年の「ハロウィーン・ホラー・ナイト」では、同パーク史上最大のゾンビが出没。パークの約90%を占拠し約1kmもの大行列をなすゾンビの数は、昨年の3倍となる。ゾンビと兵士が戦闘を繰り広げるエリアや、突然ゾンビに襲われるエリアなど、エリアごとに恐怖のテーマも変わり、それぞれ異なる恐怖体験ができる。

また、日本生まれのホラー「貞子」が、5つのアトラクションとひとつのレストランに呪いをかけるという設定のイベントも、ハロウィーン・ホラー・ナイト開催時間中に実施する。ハリウッド映画の技術によって作り出された環境と、日本人ならではの「呪い」の演出が見ものとなっている。

「貞子」に呪われるアトラクションとレストランは、「ジョーズ」「ジュラシック・パーク・ザ・ライド」「ターミネーター 2:3D」「スペース・ファンタジー・ザ・ライド」「バックドラフト」と「ハピネス・カフェ」。

アメリカからは、映画「13日の金曜日」を体験できるアトラクション「ジェイソンのブラッド・ライナー」が再登場。映画「ハムナプトラ(原題「The Mummy」)」シリーズのミイラも、「ザ・マミー・ミュージアム〜ハムナプトラ神々の呪い〜3」で三度登場する。

○生還率0%更新中のシューティング型サバイバルホラー

ホラーアトラクション「バイオハザード・ザ・リアル」(R12指定)は7月19日のオープン以来、いまだ生還率0%(7月31日現在)。世界中の警察・軍隊が使用する銃と同形の重厚感あるモデルガンで、ゾンビを撃ち進みながらのサバイバル体験ができる。

ハロウィーン・ホラー・ナイトのアトラクションは、ホラーレベルにより一部年齢制限あり。

(C)2013「貞子3D2」製作委員会 (C) 2009 Paramount Pictures Corp. and New Line Productions, Inc. ALL RIGHTS RESERVEDTHE MUMMY & (C) Universal Studios. All rights reserved. (C) CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.(C) 2013 Peanuts Worldwide LLC (C) & (R) Universal Studios. All rights reserved.

(フォルサ)