“日本女子長距離のエース”新谷仁美(にいや・ひとみ 25歳)。8月10日からモスクワで開幕する世界陸上の日本代表発表会見では、「彼氏いません」と自己紹介し、ファンの笑いを誘った。その天真爛漫な明るい性格はテレビなどでも人気だ。

「本当にぜんっぜんモテないんですよー。ロンドン五輪の後、ちょっとはお声が掛かるかと期待したのに、合コンにも呼ばれないし出会いもない。いっそのことゼッケンに携帯番号とアドレスを貼って走ったら、素敵な人から連絡があるかも、とか本気で考えたことありますもん(笑い)」(新谷。以下「」内同)

 競技中も「いつ見初められてもいいように、オーロラビジョンに映る自分の顔をチェックしている」と茶目っ気たっぷりに語る彼女。現在はスピードを重視した練習を重ね、体脂肪率は5%台をキープしている。

「砂糖の入っているものは飲まないし、炭水化物の代わりにトマトや納豆を多く食べたりしています。陸上選手としてというより、女子として体にいいものを取り入れているという感じです」

 Twitterでのつぶやきも美肌やデトックスに関するものが多く、長距離のストイックなイメージとは裏腹に、25歳の女性らしい顔をのぞかせる。

 一方、トラックでは積極的なレース運びが持ち味。その実力は高校時代から注目され、昨年のロンドン五輪でも女子1万mで日本歴代3位となる30分59秒19の自己記録をマーク。今年6月に行なわれた日本選手権では、2位の選手に1周差をつける圧勝劇を演じ、モスクワへの切符を手にした。

「プロの陸上選手として生きていく。そう決めたからには、タイムよりも結果にこだわりたい。陸上を昔のように花形スポーツに戻したいんです。応援していただいている皆さんに喜んでもらえるような走りがしたい! 入賞を目指します!」

 ロンドンでは一歩及ばなかった8位入賞の壁を破り、北の大地から飛びきりの“にいやんスマイル”が届くことを期待したい。

※週刊ポスト2013年8月9日号