業界トップクラスの還元率2%を誇るリクルートカードプラス。年会費は2000円(税抜)。nanacoチャージもポイント付与対象(発行:JCB)

写真拡大

 一般的なクレジットカードの還元率が0.5%の中、その2.4〜4倍にもなる「還元率1.2〜2%」を謳うクレジットカードが登場した。その名は「リクルートカード」と「リクルートカードプラス」。リクルートグループで、旅行宿泊予約サイトの「じゃらんnet」や飲食店の割引クーポンサイト「ホットペッパー グルメ」、ヘアサロンやエステサロンなどの検索・予約サイトの「ホットペッパー ビューティー」などを運営するリクルートライフスタイルがカード事業に乗り出したのだ。

業界トップクラスの還元率2%のクレジットカードが登場!

 通常の「リクルートカード」(JCB及び三菱UFJニコスと提携)は年会費無料で還元率が1.2%、年会費2000円(税抜)の「リクルートカードプラス」(JCBと提携)なら還元率は2%と、どちらにしても還元率は破格の高さになっている。

 それぞれ、どの程度の金額が還元されるのか。食品や生活雑貨などの買い物のほか、電子マネーへのチャージ、光熱費や通信費など、毎月10万円をクレジットカードで支払った場合の還元金額を計算してみた。

 すると、還元率1.2%の「リクルートカード」では月額10万円の利用で毎月1200円、年間1万4400円、3年では4万3200円もの節約が可能。

 さらに還元率2%の「リクルートカードプラス」なら毎月2000円、年間2万4000円、年会費2000円(税抜)が必要だが、それを差し引いても3年で6万7800円もの節約ができることがわかった。

 一般的なクレジットカードでは還元率が0.5%なので、それと比較しても「リクルートカード」なら2万5200円、「リクルートカードプラス」なら4万9800円も得をすることになる。

人気の高還元率クレジットカードと比較してもお得!

 では、ほかの高還元率のクレジットカードと比較するとどうなのか。

 今回、比較したのは以下の6枚のクレジットカード。
^貳姪な還元率0.5%のクレジットカード
◆峇訴ライフスタイルクラブカード」(還元率1.75〜2.0%、年会費1500円)
「リーダーズカード」(還元率1.5〜1.8%、年会費2500円。ただし、年50万円以上で次年度無料)
ぁ岾敕轡ード」(還元率1%、年会費無料)
ァ屮螢ルートカード」(還元率1.2%、年会費無料)
Α屮螢ルートカードプラス」(還元率2%、年会費2000円)

 還元率や年会費を考慮して還元金額を計算したところ、年間利用額によってもっとも得するクレジットカードは変わることがわかった。年間利用額別のお得なクレジットカードは以下のようになった。

年間利用額 もっとも得するクレジットカード
1万〜
28万円未満
リクルートカード
(還元率1.2%。年会費無料)
>>全員に最大10,000円分相当ポイントをプレゼント!
28万〜
50万円未満
リクルートカードプラス
(還元率2.0%。年会費2000円(税抜))
>>全員に最大10,000円分相当ポイントをプレゼント!
50万円以上〜
100万円未満
リーダーズカード
(還元率1.5〜1.8%。年会費2500円(税抜)、初年度無料。ただし、50万円以上利用で次年度年会費無料)
>>最大4,000円分相当ポイントをプレゼント!
【参考記事】
 クレジットカードの平均利用額は月5.3万円。
 平均的日本人がもっとも得するカードとは?
100万円以上〜
121万円未満
漢方スタイルクラブカード
(還元率1.75〜2.0%。年会費1500円(税抜)、初年度無料。ただし、年間約100万円以上利用でボーナスあり)
>>最大6,000円分プレゼントキャンペーン実施中!!
【参考記事】
 目指せ還元率2.5%超!
 クレジットカードの見直しで年間3万円以上も得してしまう!?>
121万円以上〜 リクルートカードプラス
(還元率2.0%。年会費2000円(税抜))
>>全員に最大10,000円分相当ポイントをプレゼント!

 やはり、還元率の高さがストレートに結果に反映され、年間利用額が50万円以上〜121万円未満の人を除き、年間50万円(月間約4万円)未満の少額利用者も、年間121万円(月約10万円)以上の高額利用者も「リクルートカード」か「リクルートカードプラス」がもっとも得をするという結果になった。

 そして、年間28万円(月額約2万4000円)以上、クレジットカードを利用する人なら、年会費無料の「リクルートカード」よりも、年会費2000円(税抜)を支払ってでも「リクルートカードプラス」のほうが得をするという結果になった。ほかのクレジットカードでも「年会費無料だから」という理由でクレジットカードを選んでいる人も要注意だ。

nanacoチャージもポイント付与なので税金、年金でも得する!

 さらに、「リクルートカードプラス」ならモバイルSuicaはもちろん、nanacoへのチャージでもポイントが貯まる(「リクルートカード」でもJCBならnanacoチャージもポイント付与対象)のでセブン−イレブンで住民税や自動車税、固定資産税などの税金、国民健康保険、国民年金を支払うことで2%還元(ただし、nanacoポイントは付与されない)になり、海外旅行保険も自動付帯(ツアー料金や飛行機のチケット代をクレジットカード決済しなくても保障対象になる)なので、実際には28万円以下でも「リクルートカード」より「リクルートカードプラス」を選んだほうが得をするケースのほうが多そうだ。

 しかし今、なぜリクルートが高還元率のクレジットカードを発行するに至ったのだろうか? 「リクルートカード」を発行するリクルートライフスタイルのネットビジネス推進室シニアマネジャーの秋山純さんに話を聞いた。 

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)