<大山GC・JGTOチャレンジII 最終日◇2日◇大山ゴルフクラブ(7,056ヤード・パー72)>
 チャレンジトーナメント「大山GC・JGTOチャレンジII」の最終日。首位と1打差の4位タイでスタートした河村雅之が、前日の66に続き67の安定したゴルフで、トータル11アンダーでフィニッシュ。今シーズン2勝目を狙うK・T・ゴンとのプレーオフを制し、チャレンジトーナメント初優勝を飾った。
国内男子ツアー情報はここから!
 1999年にレギュラーツアーの「デサントクラシック マンシングウエアカップ」で優勝して以来14年ぶりの優勝を決めた河村に話を聞いたところ、「嬉しいの一言です。14年って長かったですね。あの時は体もよく動いていましたよ。」長かった14年の年月の苦労も吹き飛ぶ優勝だった。
 14年の年月の間、勝てない時期もあり、現在もレッスンプロとしても活躍している河村。ツアーに出るのはもう無理だろうと思いつつも、やはりそう簡単には夢を捨てられなかったという。「もう一度ツアーに出て一花咲かせようと思っていました。大山は好きだし、もしかしたらという気持ちはあったけど、本当に優勝出来るとは思わなかったよね。」
 2日間のプレーはまさに完璧だった。「2日間ノーボギーなんて考えられないですね。珍しくパット入ってくれましたよ。ショットは良くなかったんですけど、3パットがなかったし、うまくコントロールが出来たと思いますね。それでも、やっぱり運も良かったと思いますよ。勝利の女神が僕についてくれたんじゃない?」と照れながら話す河村だが、河村にとっての勝利の女神は、2日間帯同キャディとして共に戦ってきた西本寛子さんだろう。「彼女がいてくれてよかった。いい感じで励ましてくれたし、ラインもきちんと読んでくれました。」二人三脚で勝ち取った優勝、それは今後の河村のツアーへの復活への入り口を切り開いた。
 ツアーへの復活の一番の近道は、チャレンジトーナメントでの裏シードの獲得だろう。裏シードとは、その年のチャレンジトーナメントの賞金ランキング上位者が翌年のシーズン前半の出場権を獲得できるもので、今年はランキング1位の選手にはシーズンを通したほぼ全試合、2位から9位の選手へシーズン前半の出場権が与えられる予定だ。しかし、河村はこの試合前までは考えにもなかったようだ。「裏シードなんて今年の調子も悪いし、全く考えていませんでした。でもこの優勝で少し可能性が出てきたので今後はそれを目標にしていきたいですね。」
 今回の優勝で『関西オープンゴルフ』の出場権を獲得した河村にレギュラーツアーへ臨む意気込みを聞いてみたところ、「レギュラーツアーは去年の日本オープン以来なんで楽しみです。そう上手くはいかないでしょうけど久しぶりなんで、頑張ります」。関西オープン、そして今後の裏シードへの挑戦に注目だ。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
松山、ウッズのプレーに脱帽「“この人どうしようもないなぁ”と思った」
小平智は49位タイに後退「厳しかった」
「WGC-ブリヂストン招待」のリーダーズボードはここから!
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」
各ツアーの賞金ランキング